原嘉孝「誰にも頼らず自立していかないと」 ジャニーズJr.卒業後の心境の変化や給料に言及

0

2021年12月02日 04:20  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真主演の原嘉孝 (C)エンタメOVO
主演の原嘉孝 (C)エンタメOVO

 宅間孝行が主宰する演劇プロジェクト、タクフェス第9弾「天国」の公開舞台稽古&東京開幕直前取材会が1日、東京都内で行われ、出演者の原嘉孝、入山杏奈、浜谷健司(ハマカーン)、大薮丘、モト冬樹、鈴木紗理奈、広田亮平、作・演出・出演の宅間が登壇した。

【写真】(前列左から)宅間孝行、入山杏奈、原嘉孝、鈴木紗理奈、(後列左から)広田亮平、浜谷健司、浜谷健司、モト冬樹、大薮丘 (C)エンタメOVO

 本作は、宮城県石巻市に実在した「岡田劇場」をモデルに、映画、芝居、興行に奮闘する愛すべき人たちを描く。

 主演の原は「この『天国』は、地震の怖さを忘れちゃいけないというメッセージはもちろん、“いかに何もない日常が幸せなのか”ということを伝える作品でもあります。ぜひ、大切な方と見に来ていただけたら幸いです」と呼び掛けた。

 原は、今年4月にジャニーズJr.を卒業したばかり。「心境の変化」を問われると、「もう俺は、ここから一人で誰にも頼らず、自立していかないとな、という覚悟は生まれました。給料面もいろいろと気にするようになりました。ちょっとね…」と意味深に語った。

 「上がったの? 下がったの?」と聞かれた原は「それはちょっとアレなんで」と言葉を濁したが、モトから「下がったら困るだろう」と指摘されると、「はい少しだけ…」と、身振りで“上がった”ことを示唆。改めて「一人の大人として、自立していかないとな、と思います」と言葉に力を込めた。

 この日の舞台稽古には、一部の東京公演にゲスト出演する中村玉緒も出演した。宅間は、中村について、「全てアドリブです。今朝も稽古の段取りはしたけど、玉緒さんはとにかく『もういいですね』と言って早く帰りたがる」と苦笑。

 モトも「後から『モトさんのせりふ、食っちゃってごめんね』と言われたけど、それどころではなかったですから」と明かして笑わせた。

 舞台は、12月1日〜12日、都内・サンシャイン劇場で上演。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定