角田裕毅、初のF1サウジアラビアGPへ「3連戦でマシンに対する自信を持てた。スピードを徐々に上げて新コースに挑む」

0

2021年12月03日 07:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第21戦サウジアラビアGP木曜 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がトラックウォーク
2021年F1第21戦サウジアラビアGP木曜 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がトラックウォーク
 F1第21戦サウジアラビアGPは、前戦カタールに続き、初のグランプリであり、ルーキーの角田裕毅は、他ドライバーと同じ条件で戦うことになる。

 ジェッダに建設されたばかりの市街地コースであるジェッダ・ストリート・サーキットは、全長6.174km、27のコーナーを備えたレイアウト。F1史上最速のストリートサーキットであるといわれている。

 アルファタウリ・ホンダの角田は、メキシコ、ブラジル、カタールの3連戦で入賞はかなわなかったものの、予選で9番手、12番手、8番手と優れた結果を出した。

「3連戦ではマシンに対する自信を持ててよかったです。僕は大きく前進できましたし、ペースにもそれが表れ、過去のレースよりもよくなっており、その点はポジティブにとらえています」と角田は、サウジアラビアGPのプレビューリリースのなかでコメントしている。

「メキシコではPU交換によるペナルティを受け、1周目のアクシデントがありました。ブラジルはスプリント予選フォーマットのためにフリー走行の時間が足りずに厳しかったのですが、自分ではもっとやれると思っていました。カタールはレースを迎えるまではいい週末で、予選でのパフォーマンスはよかったです。このように、3連戦ではさまざまな明暗がありました」

 3連戦後の時間は、今年サポート役を務めているアレクサンダー・アルボンとともにカート走行を楽しみ、シミュレーターでジェッダの新コースを学習するなどして過ごしたと、角田は言う。

「カタールを終えて、カートを走らせる日がありました。F1マシンでないクルマのドライブなど、いつもと違うことをするのはいいものです。そこから学べることもありますし、自分の成長に役立つような、興味深いフィードバックを得られます。アレックス(アルボン)も一緒にいて、2人でカートでの走行を楽しみました。フィジカル面でも負荷が大きく、F1マシンのドライビングとは違う筋肉を使うというのはトレーニングの面でも役に立ちました」

「その後、シミュレーターでサウジアラビアのコースを学びました。とてもスピードが速く、ランオフエリアは広くないので、マシンへの自信が重要になります。僕にとっては、フリー走行の各セッションを通じてスピードを徐々に上げていくことが大切です。カタールと同様に、全員にとって初めてのサーキットなので、僕にとっても他のドライバーと同じ条件です」
    ニュース設定