ホンダ全車トップ10入り「ポジション的にもいい結果。ここからパフォーマンスアップを目指す」と田辺TD/F1第21戦金曜

0

2021年12月04日 10:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第21戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2021年F1サウジアラビアGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=2番手/2=4番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=11番手/2=9番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=4番手/2=3番手、角田裕毅はフリー走行1=15番手/2=8番手という結果で、ホンダのパワーユニット(PU)を使用する全4台が初日をトップ10圏内で締めくくった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
フリー走行1=2番手(1分29秒842:ソフトタイヤ/23周)/2=4番手(1分29秒213:ソフトタイヤ/20周)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
フリー走行1=11番手(1分30秒960:ソフトタイヤ/27周)/2=9番手(1分29秒768:ソフトタイヤ/22周)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
フリー走行1=4番手(1分30秒263:ソフトタイヤ/28周)/2=3番手(1分29秒099:ソフトタイヤ/22周)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
フリー走行1=15番手(1分31秒099:ソフトタイヤ/26周)/2=8番手(1分29秒597:ハードタイヤ/20周)

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 初開催となるサウジアラビアGPの初日が終了しました。初走行となったジェッダ・ストリート・サーキットで各ドライバーはコースの習熟を進め、我々は事前のシミュレーションをもとに持ち込んだPUセッティングの最適化に取り組みました。

 まずFP1が夕方に行われ、その後、実際レースが行われる時間帯にFP2が行われました。FP2では、レース時に近い外気温度や路面温度の状態から、クーリングなどの設定を進めています。終日トラブルなく、2チーム、4台ともに順調にセッションを消化し、PU、車体ともに多くのデータを得ることができました。

 まだまだ初日の走行が終了しただけですが、ポジション的にもいい結果となっています。今夜はここから得られたデータの分析を行い、明日の予選、そして本番レースに向けてパフォーマンスアップを最大限発揮するための検討を行います。
    ニュース設定