“胸キュン”できるアメリカ映画、“初デート”の約束を交わす本編映像解禁

2

2021年12月05日 11:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『君といた108日』(12月31日公開)(C)2021 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
映画『君といた108日』(12月31日公開)(C)2021 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
 運命的な恋に落ちた二人が過酷な運命を乗り越えていく奇跡の物語を描いたアメリカ映画『君といた108日』(12日31日公開)より、“初デート”の約束を交わす本編映像が解禁となった。

【動画&画像】“初デート”の約束を交わす本編映像ほか予告編や場面写真

 本作は、音楽と愛する人に出会った青年が、恋に落ち、運命と向き合い、奇跡を信じ、愛を胸に生きていくことを誓った真実のラブストーリー。原題『I Still Believe』が意味するのは、クリスチャン・シンガーソングライターとして活躍するジェレミー・キャンプの楽曲名。その曲を含むアルバム『Stay』をはじめ、これまでに4度のゴールドディスクを獲得し、20代前半で輝かしい名声と実績を手にしたジェレミーは、どのように音楽の道を切り開いたのか、また彼の音楽制作を突き動かしたものは何か――この映画の中で描かれる。

 20歳で運命的な恋に落ちるジェレミーとメリッサを演じるのは、KJ・アパとブリット・ロバートソン。ジェレミー役のKJ・アパは、ティーンに人気のドラマシリーズ『リバーデイル』の主人公アーチー役によって若手スターの仲間入り。本作では音楽シーンのすべてを吹き替えなしで挑んだ。メリッサ役のブリット・ロバートソンは、ジョージ・クルーニーと共演した『トゥモローランド』(2015年)で注目を浴びた。ジェレミーとの恋愛だけでなく、病と闘う姿を繊細かつ力強く演じている。KJ・アパとは『僕のワンダフル・ライフ』(17年)に続いて2度目の共演。

 家族のもとを離れ大学生活をスタートさせたジェレミーは、大学で開催されたライブイベントでメリッサと運命的な出会いをする。大勢の観客のなかで互いに目が合い、心を奪われ、2人の関係は自然と恋愛に発展。彼女にアタックし続けるジェレミーだったが、メリッサには迷いがあり、なかなかデートを承諾してもらえないでいた。そんなメリッサに一途にアタックし続けたジェレミーに転機が訪れる。

 解禁された本編映像は、互いにひかれ合うジェレミーとメリッサが、やっとのことでデートの約束を交わす胸キュン必至のワンシーン。メリッサが朝一番にジェレミーの部屋を訪れ、緊張した面持ちで「一晩中じっくり考えてみたの」と話し出し、ジェレミーから受けていたデートのお誘いを承諾をする場面を見ることができる。

 扉を開け、メリッサを出迎えたジェレミーは、メリッサが「OKよ」と言う意味をすぐには理解できず、「OK?」と聞き返してしまう。そして、メリッサがジェレミーが誘ったデートのことを言っているのだと伝えると、ジェレミーはうれしそうな表情をしながらようやくその意味を理解をする。思いも寄らない返事に、ジェレミーも何度も「OK」と言葉を繰り返しながら、デートを約束する2人のぎこちないやりとりがほほえましいシーンだ。

 しかし、メリッサにはジェレミーに伝えていないある秘密があった。二人はやがて結婚し、過酷な運命を共にすることとなる。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • たまにはラブストーリーものを観たくなるけれど(君といた〇〇、かけがえのない日々、僕の〇〇、君と過ごした〇〇)系は 割とパートナーを失いがちの物が多いんだけど たまに観るなら2人幸せ物語が観たいんだよなぁ
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定