カン・ハヌル、「コロナが落ち着いたらあいさつに行きます」お祝いコメント到着

5

2021年12月05日 15:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『雨とあなたの物語』(12月17日公開)日本公開を祝してカン・ハヌル、チョン・ウヒから動画コメントが到着
映画『雨とあなたの物語』(12月17日公開)日本公開を祝してカン・ハヌル、チョン・ウヒから動画コメントが到着
 韓国俳優カン・ハヌル(ドラマ『椿の花咲く頃』)、チョン・ウヒ(映画『サニー 永遠の仲間たち』)出演の映画『雨とあなたの物語』(12月17日公開)より、日本公開を祝したコメント動画が到着した。

【動画】カン・ハヌル&チョン・ウヒからお祝いコメント

 新作撮影中のカン・ハヌルはカジュアルスーツを着用し日本公開について「うれしいですね。作品のなかではヨンホは傘づくりの技術を学びに日本に行くんです」と、日本とのつながりを紹介。「コロナが落ち着いたらあいさつに行きますので、よろしくお願いします」と、最後は満面の笑みのダブルピースで締めくくった。

 一方、チョン・ウヒはドレッシーな衣装で、日本語で『雨とあなたの物語』のタイトルコールをしてみせると、「これまで私が演じた中で、一番自分に近いキャラクターでした」と役柄を振り返り、「映画館でお待ちしています」とコメントを寄せた。

 同映画は、映画『二十歳』やドラマ『ミセン−末生−』『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』など、話題作への出演が続くカン・ハヌルが、4年ぶりにスクリーンにカムバックしたと話題になった作品。女優チョン・ウヒとの共演も評判を呼び、韓国で興行収入初登場1位を記録した。

 舞台は、2003年、ソウル。明確な夢も目標もなく、退屈な浪人生活を続けていたヨンホ(カン・ハヌル)は、長い間大切にしてきた記憶の中の友人を思い返し、あてもなく手紙を出す。一方、釜山では、自分の夢を見つけられないまま、母親と一緒に古書店を営むソヒ(チョン・ウヒ)が、ヨンホから姉のソヨンに届いた手紙を受け取る。ソヒは病気の姉に代わって返事を書き、2人は手紙をつないでゆく。ある一つの約束を交わして――。偶然始まった手紙のやりとりが、モノクロだった二人の日常を鮮やかに彩りはじめ、ヨンホは12月31日に雨が降ったら会おうという可能性の低い提案をするのだった…。

(C)2021 KIDARI ENT, INC., SONY PICTURES ENTERTAINMENT KOREA INC. (BRANCH), AZIT FILM CORP., AZIT PICTURES CORP. ALL RIGHTS RESERVED


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • ������(^q^)������捏造僞朝鮮流ニダ
    • イイネ!14
    • コメント 0件
  • ������(^q^)������捏造僞朝鮮流ニダ
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定