『女芸人No.1決定戦 THE W 2021』審査員7人が決定 ミルクボーイ・駒場&友近が初挑戦

0

2021年12月06日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『女芸人No.1決定戦  THE W 2021』審査員を務める友近
『女芸人No.1決定戦 THE W 2021』審査員を務める友近
 女性芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決定する13日放送の日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W 2021』(後8:00)。決勝大会の審査員を、ミルクボーイ・駒場孝、アンガールズ・田中卓志、笑い飯・哲夫、友近、久本雅美、ヒロミ、ハイヒール・リンゴの7人が務めることが決まった。駒場と友近は今回が初めての審査員となる。

【画像】トップバッターはヨネダ2000!決勝ブロック抽選結果

 2017年にスタートした同大会は「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を取って命名。女性という参加条件を満たせば、プロアマ、芸歴、人数、年齢を問わず、自由度の高い“女芸人の祭典”。漫才、コント、一人芝居、モノマネ、パフォーマンスなどジャンルは何でもアリの異種格闘技戦を展開する。これまで、第1回(2017年)ゆりやんレトリィバァ、第2回(2018年)阿佐ヶ谷姉妹、第3回(2019年)3時のヒロイン、第4回(2020年)吉住が優勝に輝いた。

 5回目を迎える今回、過去最高の総エントリー数700組の中から、ファイナルには10組が進み、プロ7人の審査によってチャンピオンが決まる。決勝進出者10組が、5組ずつに分かれ、両ブロックとも1ネタ終えるごとに「暫定1位」を決定。初の試みとして、各ブロックで暫定1位になれなかった芸人から、視聴者のデータ放送による「国民投票枠」1組を選出。2ブロックの「暫定1位」各1組+「国民投票枠」1組の計3組が、最終決戦に進出し優勝を争う。

 決勝「Aブロック』は(1)ヨネダ2000(2)紅しょうが(3)茶々(4)TEAM BANANA(5)オダウエダ、「Bブロック」は(1)天才ピアニスト(2)女ガールズ(3)ヒコロヒー(4)スパイク(5)Aマッソが登場。10組が優勝賞金1000万をめぐって火花を散らす。。
 

■審査員コメント

【駒場孝(ミルクボーイ)】※初
今年初めて審査員をさせていただきます。
何事においても「審査員」という立場がほぼ初めてなので、
今回お話をいただいてから、自分も出場するのかなと思うくらい緊張しています。
ただ当日はしっかり落ち着いて、熱い戦いと真剣に向き合いたいと思います。よろしくお願いします!

【田中卓志(アンガールズ)】 ※3回目
今年で3年連続審査員をやらせていただくことになりました。大会で活躍した芸人さんとは、後にバラエティで共演する機会も多くて、間違いなくチャンスを掴める大会だと思います! 決勝進出者の素晴らしさをしっかり伝えられるように審査を頑張ります!

【哲夫(笑い飯)】※ 3回目
3年続けてTHE Wの審査員をさせていただくことになりまして、あらためてWの意味を考えてみますと、WOMANの頭文字だと理解できます。WOMENかもしれません。
Wikipediaには、WOMANとWARAIの頭文字だと書いてありました。WARAKASHITEKUDASAINE。
    ニュース設定