中田翔は大減俸も巨人に感謝すべき?「あのまま日本ハムにいたら自由契約で引退危機」の指摘

201

2021年12月07日 18:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真巨人の中田翔
巨人の中田翔
 大幅減俸だが、救いの手を差し伸べてくれた球団に感謝しなければいけないだろう。巨人・中田翔が7日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸3億4000万円から1億9000万減の1億5000万円でサインしたことがスポーツ紙で一斉に報じられた。1億以上の減額制限は40%だが、大幅に上回る56%の大減俸となった。


【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら(他7枚)
 スポーツ紙記者はこう振り返る。


「今年は中田らしさが全く見えなかった。体のキレがなくスイングも鈍い。結果が出ないことで自信を失っているようにも感じた。巨人で試練を味わいましたが、あのまま日本ハムにいても今オフに自由契約を通告され、引退危機を迎えていたと思います。大幅減俸になりましたが、来季の活躍を期待して巨人の『温情査定』だと思います。中田も不退転の決意で臨むでしょう」


 昨季は日本ハムで自己最多の31本塁打、108打点をマークして4年ぶり3度目の打点王を獲得。オフに5000万円増の年俸3億4000万円で更改した。あの契約更改から1年後。この事態を中田も含めて誰も想像できなかっただろう。


 不動の4番として期待されながら一向に調子が上がらず、ファーム降格を経験。後半戦の巻き返しが期待されたが、後輩選手への暴力事件が発覚し、8月に1、2軍戦の試合無期限出場停止処分が下された。野球人生の危機に立たされたが、同月に巨人へトレード移籍。2軍での調整を経ず1軍で即起用された。新天地で救世主として期待されたが、最後まで戦力になれなかった。34試合出場で打率.154、3本塁打、7打点。得点圏打率.056と好機でブレーキになり、1軍と2軍を行き来した。リーグ制覇したヤクルトと対戦したCSファイナルステージでも1、2戦目は出場機会がなく、引き分けで敗退が決まる3戦の9回2死で代打出場したが空振り三振を喫した。


 批判の声が上がった巨人への電撃トレードだったが、日本ハムにあのまま残っていても明るい未来は待っていなかっただろう。チームが低迷し、栗山英樹監督は今季限りで退任。稲葉篤紀GM、新庄剛志監督が立て直しを図る中、球団は大胆な若返りを断行している。今オフは海外FA権を持つ西川遥輝、国内FA権を持つ大田泰示、秋吉亮と話し合った結果、来季の契約を提示せず保留手続きを行わないと発表。3選手は自由契約となった。中田は日本ハムで共にプレーしている稲葉GMを慕っているが、巨人に移籍していなかったらオフに西川、大田と共に自由契約になっていた可能性が高い。



 ただ、巨人でも復活に向けていばらの道が待ち受けている。一塁の守備能力は高いが、打力が伴わなければスタメンで起用されない。ウィーラー、中島宏之に加えて新外国人の補強も十分に考えられる。熾烈な競争を勝ち抜かなければ、レギュラー再奪取は叶わない。


「日本ハムでは開幕戦に合わせて調整すればよかったですが、もうそんなことを言っていられる立場ではない。2月の春季キャンプの実戦、3月のオープン戦で結果が出なければ開幕前にファーム降格もあり得る。代わりの選手はいくらでもいることは、日本ハム時代からの先輩でFA移籍してきた陽岱鋼の待遇を見ても分かっているでしょう」


 崖っぷちに追い込まれた中田は、結果を出して巨人に恩返しできるだろうか。(安西憲春)


このニュースに関するつぶやき

  • 3400万でも高い。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • いやいや正直結果も出せない素行不良なんて2千万でも高いくらいだよ。こんな奴に1.5億とか野球界ヤバいだろ
    • イイネ!63
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(150件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定