「恋です!」9話 杉咲花“ユキコ”と杉野遥亮“森生”、すれ違う2人の心の声に「胸が痛くなる」の声殺到

0

2021年12月09日 00:21  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール」第9話(C)NTV
「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール」第9話(C)NTV
「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」の9話が12月8日オンエア。人生の岐路に立つなかで、お互いを想うゆえにすれ違うユキコと森生の姿に視聴者からは「胸が痛くなる」といった声とともに、ユキコ役の杉咲花の演技に数多くの絶賛コメントが寄せられている。

外出時は白杖が必要な盲学校高等部3年生で、数年前に母を亡くし、父と姉イズミと3人で暮らしている赤座ユキコを杉咲さんが演じる本作。

共演には地元では名前を出しただけで相手が逃げていくほど有名なヤンキーだったが、ユキコとの出会いでレンタルビデオ屋で働くことになるなど、生き方が変わってきた黒川森生に杉野遥亮。森生の顔にケンカで刀キズを付けた張本人だが、実は森生に想いを抱いており、それを隠したまま彼を働く金沢獅子王には鈴木伸之。獅子王に想いを寄せ、フラれた後も“推し続ける”ユキコの姉・赤座イズミには奈緒。ユキコの初恋相手で、ユキコが白杖を持つきっかけとなった存在でもある緋山翔太に小関裕太。

彼らを取り巻く人々として橙野ハチ子に生見愛瑠。紫村空に田辺桃子。青野陽太に細田佳央太。緑川花男に戸塚純貴。桃井草介に堀夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)。橙野茜にファーストサマーウイカ。茶尾店長に古川雄大。ユキコとイズミの父の赤座誠二に岸谷五朗といった顔ぶれも出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

9話では黒川にバイトしているレンタルビデオ屋から正社員の誘いが。森生の工夫が功を奏し、勤務している店舗の業績が上がったことから、業績の悪い店舗を立て直してもらいたいという。獅子王から話を聞いて喜ぶ森生だが、その店舗は鹿児島だった…。社員になるならユキコと離れ離れになってしまう。獅子王から「1週間待ってくれって言ってあるから、考えてくれ」と言われる森生だが、期限を待たずに断りの連絡を入れてくる。

ユキコのそばにいたいという森生に対し、自分が森生の人生のジャマになってないかと悩むユキコ。一方そんなユキコに希望している飲食関係の会社が興味を示していると連絡が。しかし会社を訪問すると先方からは、コールセンターや事務関連の仕事をしてもらおうと思っているという答えが…というストーリーが展開。

降り始めた雪の中を歩くユキコと黒川。そこに“私、黒川の重荷になってない?”“ユキコさん、俺、近くにいちゃダメっすか”“黒川のことが好きだから、つらい”“ユキコさんのことが好きなのに…遠いっす”とお互いの心の声がナレーションで重なるシーンに「お互いを想い合ってるのにすれ違ってるの辛すぎる」「こんなにもお互い大好きで想い過ぎて切ないシーン、今までのドラマであった?」「「好きなのに辛い」「好きなのに遠い」ってほんとに胸が痛くなる」「こんなすれ違いヤダ……辛い」など、視聴者からの悲痛な声がSNSに殺到。

その後、ユキコは森生を呼び出し「私たち、別れよう」と告げる。それは森生を鹿児島に行かせるために、あえて取った苦渋の選択だったが、森生はその直前、ユキコが緋山に抱き寄せられているところを見かけていたため、「やっぱりあいつと…俺じゃダメなんすかね」と、ユキコが自分ではなく緋山を選んだと考えてしまう…。追ってくる黒川を振り切って、1人になり号泣するユキコ…。

その演技にも「杉咲花ちゃんの泣きの演技がもう…辛すぎる………」「ユキコの泣き顔切なーーーい」「杉咲花ちゃんの演技すごすぎてガチ泣きした」「最後のユキコの涙は切なくって、さすが杉咲花さん」「あんな泣き方見ちゃったらこっちまで号泣」といった反応が続出中だ。



(笠緒)
    ニュース設定