ロンブー淳&指原莉乃、「まさか!の夫婦役」劇場アニメ『グッバイ、ドン・グリーズ!』

21

2021年12月09日 08:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真オリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』(2022年2月18日公開)本ポスター (C)Goodbye
オリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』(2022年2月18日公開)本ポスター (C)Goodbye
 米・ニューヨーク・タイムズ「ベストTV 2018 インターナショナル部門」(The Best International Shows)にも選ばれたTVアニメ『宇宙よりも遠い場所』を手がけた、いしづかあつことMADHOUSE、さらにキャラクターデザイン・吉松孝博によるオリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』(2022年2月18日公開)の本予告&本ポスター画像が解禁となった。さらに、追加キャストとして、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、指原莉乃が声優として夫婦役を演じることも明らかになった。

【動画】劇場アニメ『グッバイ、ドン・グリーズ!』本予告

 関東の田舎町で何事にも打ち込めない少年・ロウマと、東京から帰省中の親友・トトは、高校生になっても集まる仲で自らを“ドン・グリーズ“と呼んでいた。そんな二人は、アイスランドから来た不思議な少年・ドロップと出会う。

 今回解禁となった映像では、「自分の“宝物”が何なのか知ってるの?」というドロップの印象的なせりふから始まり、「幻の赤い電話ボックス」というキーワードも登場。その電話は、それぞれに必要な”宝物”が何かを教えてくれるという。

 そしてひょんなことから冒険の旅に出ることになった3人は、ロックバンド・[Alexandros]の疾走感あふれる主題歌「Rock The World」を背景に、アクシデントに見舞われながらも冒険を楽しむ様子を見せるが、「そこには”秘密”があった」と映像は一転。「ごめん…」と顔を伏せてうずくまり泣くドロップの姿や、「どうしても失いたくないものが、誰かの命だったらさ…」と意味深なトトの言葉も。

 宝探しの旅で彼らが見つけたものとは? 幻の赤い電話ボックスとは? 圧倒的なスケールで描かれる大自然と、3人の少年たちのひと夏の冒険が行き着く先は…。

 主人公・ロウマ(鴨川朗真)は、『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役でも知られる花江夏樹。病院の息子で秀才、小学校のときにロウマと出会い“ドン・グリーズ”を結成したトト(御手洗北斗)は、『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役、『僕のヒーローアカデミア』の轟焦凍役などの梶裕貴。ある事情からロウマの住む田舎町にやって来て、“ドン・グリーズ”の輪に加わる少年・ドロップ(佐久間雫)を、『ハイキュー!!』の日向翔陽役などの村瀬歩。そして、ロウマの憧れの同級生・チボリ(浦安千穂里)を、『PSYCHO-PASS サイコパス』の常守朱役や『鬼滅の刃』の甘露寺蜜璃役などの花澤香菜が演じる。

 追加キャストの田村は、『宇宙よりも遠い場所』を観ていたと言い、ロウマの父親(鴨川太朗)役へのオファーに「日本のアニメへの興味が強くなっている中だったので、気持ちが躍りました」とコメント。また、父親という立場から、「息子を見守る感覚でロウマを見守っていました」と続けた。そして、「時代が変わっても、人間の悩みにさほど変わりはない」「目標に向かってドンと背中を押してくれる作品になっている」と、本作の感想を熱く語っている。

 ロウマの母親(鴨川真子)役の指原は「“なぜ私なんだろう!?”とびっくりしました」とオファー時の様子を語り、田村と夫婦役を演じることについても、「まさかの夫婦役!」と驚いたという。「プレッシャーもあってアフレコは本当に緊張しましたが、スタッフの皆さんが優しく指示してくださって、助けられました。今回、本当にすごい出演陣の中にお邪魔しています。私自身とても楽しみにしているので、皆さんぜひ楽しみにしていてください」と、コメントを寄せている。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • バカか ちゃんと声優使えよ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 主要キャラの声が安定感抜群なので、脇キャラは客寄せのキャスティングも許されるということかな🎙 いや、実は高い演技力をお持ちなのだろうと信じたいところです���ꤤ
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定