リーグワン静岡が開幕から3試合連続中止 再試合なし 全体では9カード目

10

2022年01月14日 17:34  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

ラグビーの新リーグ「リーグワン」1部の静岡ブルーレヴズが、開幕から3試合連続中止を余儀なくされた。


14日、リーグワンは1部第3節の静岡ブルーレヴズ−東京サントリーサンゴリアス(23日、静岡・ヤマハスタジアム)中止を発表した。13日に静岡に新たな新型コロナウイルス陽性者11人が確認され、第3節開催までに試合登録に必要な選手がそろわないことが確定した。静岡は開幕節から3試合連続中止となる。


陰性者は保健所による濃厚接触者が特定されるまで自主隔離を行っているといい、チームは「ホストゲーム開幕戦を楽しみにしてくださっていたファンの皆様、静岡の皆様、関係者の皆様には大変ご心配をお掛けしますことを心よりおわび申し上げます」とコメントした。


再試合はなく、勝ち点の扱いはあらためて発表される。


リーグワン全体では9カード目の中止。現時点で中止となったカード(発表を含む)は以下の通り。


◆1部


◇第1節


クボタスピアーズ船橋・東京ベイ−埼玉パナソニックワイルドナイツ(7日)


トヨタヴェルブリッツ−静岡ブルーレヴズ(9日)


◇第2節


埼玉パナソニックワイルドナイツ−NECグリーンロケッツ東葛(16日)


リコーブラックラムズ東京−静岡ブルーレヴズ(16日)


◇第3節


静岡ブルーレヴズ−東京サントリーサンゴリアス(23日)


◆3部


◇第1節


清水建設江東ブルーシャークス−クリタウォーターガッシュ昭島(15日)


九州電力キューデンヴォルテクス−中国電力レッドレグリオンズ(15日)


宗像サニックスブルース−豊田自動織機シャトルズ愛知(16日)


◇第2節


クリタウォーターガッシュ昭島−豊田自動織機シャトルズ愛知(23日)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定