レミー・ガードナー、モトクロスで右手首を骨折し手術を受ける。セパンテストまで残り2週間

0

2022年01月19日 14:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真レミー・ガードナー(テック3KTMファクトリー・レーシング)/2022MotoGPヘレス公式テスト
レミー・ガードナー(テック3KTMファクトリー・レーシング)/2022MotoGPヘレス公式テスト
 1月18日、テック3KTMファクトリー・レーシングはMotoGPに参戦するレミー・ガードナーがモトクロストレーニング中の転倒で右手首を骨折し、手術を受けたとアナウンスした。

 ガードナーは15日にモトクロストレーニングを行ってる最中に、クラッシュを喫してしまい、右手首を骨折した。

 右手首は、小さなヒビが入った状態だったが、スペイン・バルセロナに向かい、18日に2本のスクリューを入れる手術を受けた。手術を担当したチャビエル・ミル医師によれば、21日から回復プロセスに入るという。

 2021年のMoto2王者であり、2022年からMotoGPに昇格するガードナー。ルーキーである彼は、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われる1月31日〜2月2日のシェイクダウンテストから参加するため、残り2週間でどこまで万全な状態に戻せるだろうか。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定