GRヤリスでWRC参戦の勝田貴元、難関モンテで手痛いミス。順位を失うも「多くを学んだ」

0

2022年01月25日 07:00  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真総合8位でポイントを獲得した勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第1戦モンテカルロ
総合8位でポイントを獲得した勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第1戦モンテカルロ
 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)WRCチャレンジプログラムに参加し、2022年はTGR WRTネクストジェネレーションからWRC世界ラリー選手権の全ラウンドに参戦する勝田貴元。フィンランドに拠点を置いて活動する彼は1月20日から23日にかけて、モナコとフランスで実施された開幕戦モンテカルロで新型ハイブリッドマシン『トヨタGRヤリス・ラリー1』をドライブし、総合8位でラリーを完走した。

 ラリー1規定の導入により最高峰カテゴリーを戦うマシンのハイブリッド化が実現した2022年のWRCにおいて、勝田とアーロン・ジョンストンのペアはライバルたちと同様に、プラグイン・ハイブリッドシステムが搭載された新型モデルでラリージャパンを最終戦に据えるシーズンを戦っていく。

 開幕戦の舞台は今年もラリー・モンテカルロだ。開催90回を数える伝統のラリーのステージはすべてターマック(舗装路)ながら、部分的に湿り気を帯びていたり、朝夕の気温低下によって凍結していたり、さらには積雪区間があったりと非常にトリッキーなコンディションになることで知られている。

 2022年大会は連日好天に恵まれたことから大部分がドライコンディションとなったが、やはり濡れた部分やアイスバーン、積雪路もあり、まったく新しいマシンでステージに挑む選手たちにとっては例年以上に難しいラリーとなった。

 そんなラリー・モンテカルロに臨んだ勝田は、競技前のシェイクダウンで技術的なトラブルに見舞われたことで一時走行ができなかったが、同日夜に行われた2本のナイトステージ(SS1、SS2)では無事に出走し、まずはハイブリッドカーについての習熟を開始する。SS3〜8の計6ステージで争われたデイ2では新しいラリーカーに対する理解を深め、3本のSSでトップ5タイムを記録するスピードをみせた。

 総合8番手で迎えた競技3日目も好調を維持した勝田は、ライバルの離脱などもあり総合5番手まで順位を上げていく。しかし、デイ3最後のステージとなったSS13に落とし穴があった。同ステージでは標高の高い箇所が雪と氷に覆われており、勝田はその区間でスリップしコースオフ。マシンがコーナーアウト側の側溝にはまってしまう。

 幸いにも観客の助けを借りてコースに復帰することができたものの、大幅にタイムを失ったことで勝田は総合13番手までポジションを落とすこととなった。

「とても複雑な気持ちです。土曜日の最終ステージでミスをするまでは、良い週末を過ごすことができていました。ブレーキング時の僅かなミスで、このようにラリー全体が台無しになってしまったので、とても失望しています」と、彼はこの出来事を振り返った。

「ただし、それを除けば、良い内容のラリーだったといえます」と言うように、勝田は最終日にふたたび持ち前のスピードを披露した。彼は理解を進めたクルマで自信を持って走り、SS15とSS16では連続してステージ3番手タイムをマーク。最終的に総合8位まで順位を戻し、トヨタGRヤリス・ラリー1での最初のラリーを完走して選手権ポイント4点を持ち帰っている。

■勝田「セットアップとドライビングの両方を改善することができた」

 開幕戦を終えて、「クルマについて多くを学び、どう運転するのがベストか、ハイブリッドのパワーをどのように使ったら良いのかを理解できるようになりました」と語った勝田。

「今年のラリー・モンテカルロは例年よりもコンディションがドライでしたが、凍結していたり、湿っている部分があったりと、非常にトリッキーな路面でした。そのような状況でもクルマのハンドリングはとても良く、セットアップとドライビングの両方をかなり改善することができました」

「土曜日はあのようなことがありましたが、日曜日にはいいタイムが出ましたし、さらに攻められる余地があるエリアもあったので、とてもいい勉強になりました」

 ドライバー育成プログラムのインストラクターを務めるユホ・ハンニネンは、「土曜日の最終ステージでのスタックは、その時点で良い順位につけていただけに、貴元にとってもちろん残念な出来事だった」とコメント。

「このラリーでは、ちょっとしたミスでも大きな代償を払わなければならないことを痛感したと思う」

「それでも、最終的に彼がこの週末に示したペースと、新しいクルマについて多くを学んだことに、私はとても満足している。すべてのステージを完走することができたのは、この最初の段階においては本当に重要なことだ」

 勝田が挑む次戦WRC第2戦はシーズン唯一のフルスノーラリーとなる『ラリー・スウェーデン』だ。2月24〜27日に開催される同イベントは今年、北部のウーメオーにラリーの拠点が移るため、誰にとって新しいラリーとなる。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定