F1規則変更について混乱。フェラーリ、2021年型車でのテストを断念、2018年型SF71Hに急きょ切り替え

0

2022年01月26日 08:50  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2018年F1アブダビテスト シャルル・ルクレール(フェラーリSF71H)
2018年F1アブダビテスト シャルル・ルクレール(フェラーリSF71H)
 スクーデリア・フェラーリは、自身が所有するフィオラノのテストトラックで、2022年F1シーズンに向けた準備として、2021年型SF21でのテストを1月25日から4日間にわたって行うことを明らかにしていたが、当日になってテストプログラムの変更を発表した。レギュレーションについて曖昧な部分があるため、マシンを2018年型車SF71Hに変更するという。

 F1スポーティングレギュレーションの「以前の車両のテスト(TPC)」の項目には、「現選手権に先行するカレンダー年の直前の3カレンダー年のいずれかのF1技術規則に適合するよう設計・製造された車両を用いる」と定められている。つまり、2年から4年前のマシンを使用しなければならないということになる。これは、最新型に近い旧型マシンでテストを行い、アドバンテージを得ることを防ぐための規定だ。

 しかし、2022年の技術レギュレーションが大幅に変わり、昨年までとは全く異なるマシンが登場することから、スポーツ諮問委員会での投票により、今年については、「以前の車両のテスト(TPC)」について2021年型の使用を認めることで合意していた。

 フェラーリはこれが2022年競技レギュレーションに盛り込まれたものと考え、今週のテストに2021年型マシンを持ち込むことを決めた。しかしFIAが発表している最新バージョンのレギュレーションでは修正が行われておらず、直前になって、FIAから派遣されたオブザーバーからSF21での走行にストップがかけられたという。

 25日にフェラーリは次のような声明を発表している。

「スクーデリア・フェラーリが本日からフィオラノ・サーキットで行う予定だったテストだが、今朝、そのテストプログラムが変更になった」

「この種のテストで使用できるマシンの基準を定める『以前の車両のテスト』に関連する規定が2022年にはどのように適用されるのかについて、FIAからの最新情報を待つ間、2018型SF71Hを使用するという決定を下した」

「テストプログラムについての詳細は追って報告する」

 当初の予定では、テストドライバーであるロバート・シュワルツマンが火曜と金曜、レギュラードライバーのシャルル・ルクレールが水曜、カルロス・サインツが木曜に走行を行うことが決まっていた。
    ニュース設定