【雑学】味噌を買うと中に入っている薄い紙、捨てていいそうです

2

2022年01月26日 12:01  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

スーパーなどでパックの味噌を買うと付いてくる、白くて薄い紙

味噌の表面を覆うようにぺらっと乗っかっているあの紙を、残しておくべきなのか、それとも捨てるべきなのか。

私個人としては、なんとなく「捨てないほうがいいのかも」と思って過ごしてきたのですが……ホントのところはどうなんでしょ!?

【結論「捨てていい!」】

味噌の業界大手「マルコメ」によると、あの紙は「捨ててしまって大丈夫」とのこと。

ただし開封後は、味噌の表面の乾燥と酸化を防止するため、ラップでぴったりと覆って空気に触れないようにするのがベスト。

ラップの上に重ねられる外蓋もあると、なお良いようです。

【時間の経過&温度が味を変える】

さらに、味噌のおいしさを保つためには、冷蔵庫か冷凍庫(!)で保管したほうがいいみたい。

冷凍庫に入れても凍ることはなく、少し固くはなるものの、出してそのまま使えるそうなんです。

味噌は時間の経過と温度の影響によって、色が濃く変化していき、味にも変化が起きてしまいます。

驚くことにこの現象は「未開封の状態」でも起こるらしく、気が抜けませんね……!

【味が変化しても捨てないで】

ちなみに、味噌の色が濃くなる現象のことを「褐変(かっぺん)」または「着色」と呼ぶのだそう。

マルコメによると、「褐変」したからといって、食べられなくなるわけではないようで、チャーハンやきんぴら、中華料理などの炒め物に使用する方法がオススメされていますよ。

マルコメのホームページにたくさんレシピが公開されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか♪

参照元:マルコメ(1) (2)
執筆:田端あんじ
Photo: (c)Pouch

このニュースに関するつぶやき

  • 捨てるよ、そんな物。毎日の様に味噌汁を作ってりゃ、味噌なんてあっという間に無くなるじゃん。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定