ニッサン、欧州市場にマイクラの後継車となる新型コンパクトEVを投入へ

1

2022年01月27日 19:20  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ニッサンが公開した“新型コンパクトEV”のイメージ画像
ニッサンが公開した“新型コンパクトEV”のイメージ画像
 日産自動車は1月27日、欧州市場でエントリーカーとして人気の高い『マイクラ』の後継車である“新型コンパクトEV”を今後投入すると発表した。

 ニッサンにとっての欧州市場は、電動化を推進するうえで重要な役割を果たしている。同市場では『アリア』や新型クロスオーバーEVの発売が予定されており、ニッサン独自のe-POWER(イーパワー)も新型『キャシュカイ』や『X-TRAIL』に搭載される予定だ。

 そんなニッサンが新たに欧州市場へ投入する新型コンパクトEVは、“アライアンスCMF B-EVプラットフォーム”を採用し、デザインをニッサンが、開発と生産をルノーが担当し、生産はフランスにあるルノーのエレクトリシティセンターで行われるという。

 この新型コンパクトEVは、ルノー・ニッサン・ミツビシが発表したEVとコネクテッド・モビリティに集中した共通ロードマップ『アライアンス2030』の一環として発表され、『e-NV200』の後継モデルである新型『タウンスター』を含む、ルノーが生産するニッサン車のラインナップのひとつとなる。

 今回の発表に合わせ、ニッサンは新型コンパクトEVのデザインの一部を披露したが、スタイリングは共通プラットフォームを採用しながらも、各社のモデルごとに独自のものを実現することができるということだ。

 またニッサンは、新型コンパクトEVの車名や発売時期、搭載技術の詳細などについて「今後発表する予定です」としている。

 この新型コンパクトEV投入に、ニッサンの最高執行責任者(COO)を務めるアシュワニ・グプタは、「新しい共通プラットフォームを採用するこの新型車は、ニッサンがデザインし、ルノーが開発と生産を行うことで、アライアンスの資産を最大限に活用しながら、ニッサンらしさにあふれる商品を実現する」とコメントした。

「これは、アライアンスの『Smart Differentiation(スマート差別化)』の好例だ。人気の高い『マイクラ』の後継となる新型車は、欧州のユーザーにさらなるワクワクを提供することだろう」

このニュースに関するつぶやき

  • 日産ならアリアが航続距離が500kmあるな。ミニバンは十分に楽しませてもらったから、次は考えてもいいな。
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定