銚子電鉄&きゃりーぱみゅぱみゅコラボ、1日乗車券やコラボ車両も

21

2022年04月03日 19:51  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
銚子電気鉄道は、きゃりーぱみゅぱみゅさんの全国ツアー連動企画「LOCAL POWER JAPAN project」とのコラボレーションについて発表した。1日乗車券「弧廻(こまわり)手形」2種類を期間限定で順次販売するほか、4月下旬頃を目標に、「銚子電鉄×LOCAL POWER JAPAN project」コラボ車両の運行も企画している。


「LOCAL POWER JAPAN project」は、きゃりーぱみゅぱみゅさんの全国ツアー「Kyary Pamyu Pamyu 10th ANNIVERSARY JAPAN TOUR 2022 CANDY WAVE」との連動企画。コロナ禍において打撃を受けた地方産業や観光業が活動を再開する中で、きゃりーさんが各地のファンに会いに行くだけでなく、地域の力で少しでも日本を元気にできたらとの願いを込め、立ち上げた企画となっている。



銚子電気鉄道はこの企画に賛同し、銚子の街を盛り上げるため、きゃりーさんの楽曲「もんだいガール」をモチーフに、まさしく「問題がある」コラボ企画を展開するという。


1日乗車券「弧廻手形」のコラボバージョンは、「もんだいガール」のミュージックビデオをオマージュにコラボロゴが制作され、「問題」ならぬ「銚電」ゴーグルを付けたきゃりーさんのビジュアルをデザイン。銚子電気鉄道代表取締役社長の竹本勝紀氏による切実なお願い特製ステッカーが付属する。



「弧廻手形」コラボバージョンは、8月31日まで銚子電鉄オンラインショップ(2種セットのみ : 2,000円)や仲ノ町駅・犬吠駅(1枚ごと : 1,000円)で販売されるほか、4月3日の千葉公演会場である千葉県文化会館大ホール(1枚ごと : 1,000円)でも販売。駅と千葉県文化会館の販売では、予定枚数を超えた時点で販売終了となる。



4月下旬頃を目標に運行を企画している「銚子電鉄×LOCAL POWER JAPAN project」コラボ車両は、「弧廻手形」コラボバージョンの売行き次第で車内装飾が決まるとのこと。「弧廻手形」に付属するステッカーの右半分にメッセージを書いて観音駅の特設ボード(4月18以降設置予定)に貼り、「きゃりー号は問題なく運行したい!」という竹本氏の切実な願いを一緒に祈念してもらう企画となっている。


「LOCAL POWER JAPAN project」オンラインショップにて、2週間限定でコラボTシャツも販売。フロントに「銚電」ゴーグルきゃりーさんのビジュアル、バックの首元にきゃりー10周年ロゴとプロジェクトロゴが入った記念アイテム(3,300円)となっている。(木下健児)

このニュースに関するつぶやき

  • つうか…レジャークーポン券ってまだあるのだろうか?(そっちかよ)
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定