ミックはF1初入賞を逃すも「一貫してチームメイトより速かった」と叔父ラルフ・シューマッハーがパフォーマンスを評価

1

2022年05月17日 11:10  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年F1第5戦マイアミGP ミック・シューマッハー(ハース)
2022年F1第5戦マイアミGP ミック・シューマッハー(ハース)
 F1第5戦マイアミGPでミック・シューマッハー(ハース)のペースが全体的に強力だったことは、ミスによりF1での初ポイントを逃したことよりも重要だと、叔父のラルフ・シューマッハーは述べている。

 今シーズン初めて、シューマッハーはレースウイーク全体でチームメイトのケビン・マグヌッセンを総合的に上回っていた。シューマッハーは、レースで初めてのトップ10フィニッシュを達成するところだったが、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルをオーバーテイクするのに失敗して衝突してしまったため、F1での初チャンピオンシップポイント獲得はならなかった。

 そのインシデントに加え、マグヌッセンがチェッカーフラッグまで2周のところでランス・ストロール(アストンマーティン)と接触したこともあり、ハースのポイント獲得のチャンスはなくなった。この状況にチーム代表のギュンター・シュタイナーは感心しなかった。

「我々は得点圏内まで上がっていたし、2台のマシンがポイントを獲得することも可能だったかもしれない。だがその後(セーフティカー後の)リスタートですべてを失った」と苛立ったシュタイナーは語った。

「我々は手ぶらで去ることになる。いや、手ぶらではない。壊れたパーツとともに去ることになる!」

 ラルフ・シューマッハーは、ハースのドライバーたちの失態は「ポイントを失ったので非常にじれったいものだ」と認めた。だが『Sky Germany』のコメンテーターを務めるラルフは、マグヌッセンはより敏感なミックよりも、レース後のシュタイナーの憤怒にうまく対処できるだろうと考えている。

「ミックとシュタイナーは性格的には合わない」とラルフ・シューマッハーは『F1 Insider』に語った。

「ケビン・マグヌッセンのように、外見上はタフガイである方がシュタイナーとは合うだろう」

 しかしながら、甥ミックのマイアミでのレースウイークを評価したラルフは、ベッテルとのクラッシュの結果よりも、彼の相対的なパフォーマンスに焦点を置きたいという。そしてラルフがフロリダで目にしたことは、ミックの後援者であるフェラーリをも喜ばせるだろうという。

「私にとってより重要なのは、ミックが非常に素晴らしい週末を過ごしたことだ」とラルフ・シューマッハーは話した。

「彼は一貫してチームメイトよりも速く、実力でポイントフィニッシュを果たすための土台を作っていた」

「マイアミで、ミックはそのスピードによってドライバーとして違いを生み出した。したがって傾向としては正しい方へ向かっている」

このニュースに関するつぶやき

  • そうか…気付けば「皇帝」の息子が、F1ドライバーになってたか。。。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定