バサースト12時間:9年ぶり勝利のメルセデス、IGTC開幕戦を席巻。サンエナジー1が同門対決制す

0

2022年05月17日 13:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年IGTC第1戦バサースト12時間で優勝したサンエナジー1・レーシングの75号車メルセデスAMG GT3
2022年IGTC第1戦バサースト12時間で優勝したサンエナジー1・レーシングの75号車メルセデスAMG GT3
 5月15日、オーストラリアの“聖地”マウント・パノラマ・サーキットで、2022年シーズンのIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ開幕戦『リキモリ・バサースト12時間』が行われ、優勝したサンエナジー1・レーシングの75号車メルセデスAMG GT3(ジュール・グーノン/ルカ・ストルツ/ケニー・ハブル/マーティン・コンラッド組)を先頭に2台のメルセデスAMG GT3が続き、メルセデス陣営が表彰台を独占した。

 バサースト12時間、スパ24時間、インディアナポリス8時間、そしてキャラミ9時間の計4イベントで構成されるIGTCが3カ月遅れで開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で2021年は開催中止となったバサースト12時間は、今年2年ぶりのシリーズ復帰を果たしたが、2022年もパンデミックの影響を受けて開催日程が例年の2月初旬から5月13〜15日の週末に移されていた。

 そんなバサーストでの今季開幕戦は、同じ週末に開催されたGTワールドチャレンジ・ヨーロッパやIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権など他のチャンピオンシップとの兼ね合いからアウディとメルセデスAMG以外の自動車メーカーがサポートを控えたため、主にドイツメーカー2社のマシンによる戦いとなった。

 また、予選方式やアマチュアドライバーの搭乗を義務付けたルールへの変更などが行われた2022年大会は、これまでのバサースト12時間とは異なる雰囲気のレースとなったが、スタート時に発生した霧やレース中、2度にわたってトラックを襲った降雨など変わりやすい天候がレースに多くのドラマを生みだした。

 現地の日の出前、5時15分にスタートが切られた同レースにおいて、とりわけ大きな出来事となったのは残り3時間半の段階で総合トップに立っていたアウディスポーツ・チーム・バルボリンの74号車アウディR8 LMSが2分間のストップペナルティを受け、優勝争いから事実上脱落したことだ。

 ケルビン・ファン・デル・リンデのドライブで後続を1分以上引き離していた74号車は、このタイミングでルーティンのピット作業を行うものと思われた。しかし、チーム・バルボリンはブロンズドライバーのブラット・シューマッハーの走行時間を誤って計算していたため、想定外の大きなタイムロスを負うことになった。

 彼らにとって不運だったのは、この日8回目となったセーフティカーによる先導走行中の“ウェーブバイ・オプション”が、小雨が降り滑りやすい路面コンディションとなっために選択肢から外され、失ったラップを取り戻すことができなくなったことだ。

 その後ファン・デル・リンデはファステストラップを含む好タイムを連発し、遅れの晩梅を図ったが2分間のペナルティによる損失は大きく、その差を詰め切ることは叶わなかった。

■終盤戦はメルセデスAMG勢の同門対決に

 この結果、レース終盤の優勝争いはメルセデスAMG GT3を走らせるサンエナジー1と、エンジン交換のために予選を欠場し、最後尾からのスタートとなっていたメルセデスAMG・チーム・クラフト-バンブー、そして地元チームであるトリプルエイト・レースエンジニアリングの計3チームに絞られることに。

 74号車アウディが脱落した時点で首位に立ったのはサンエナジー1の75号車メルセデス。その30分後、75号車を駆るストルツはクラフト-バンブーの91号車メルセデスをドライブするダニエル・ジュンカデラを17秒リードし、この状況は約45分後のピットストップまで続いた。

 ピットストップ後、ジュンカデラから91号車のステアリングを受け取ったマーロ・エンゲルはヘルコーナーでコースオフを喫するシーンもあったが、徐々に首位75号車に乗り込んだグーノンとのギャップを縮めていく。

 一方、トップ2台から約50秒の後れを取ったトリプルエイトの888号車メルセデスは、RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップ王者の“SVG”ことシェーン・ヴァン・ギスバーゲンが乗り込むが、追い上げは叶わず3番手のまま。

 75号車と91号車のギャップが約8秒に縮まって迎えた最終スティント。グーノンは同じメルセデスAMGファクトリーのエースに対して一歩も引くことなく、その差を維持してみせる。結果、サンエナジー1・レーシングの75号車メルセデスは8.7秒差で同門対決を制し、メルセデス陣営にとって2013年以来、通算2度目のバサースト12時間総合優勝をもたらした。グーノンはベントレー・チームMスポーツで優勝した2020年に続き2大会連続で栄冠を手にしている。

 メルセデスAMGチーム・クラフト-バンブーの91号車が総合2位、トリプルエイト・レースエジニアリングの888号車メルセデスがトップから1分35秒おくれの総合3位となり、今大会はメルセデスAMG勢がワン・ツー・スリーで表彰台を独占してみせた。

 ペナルティに泣いた74号車アルディは1ラップダウンの総合4位に終わった。総合5位にはウォール・レーシングの6号車ランボルギーニ・ウラカンGT3が入っている。

 全4戦で争われるIGTCの次戦第2戦は7月28〜31日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで開催されるトタルエナジーズ・スパ24時間だ。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定