乙武洋匡氏、今夏参院選に“完全無所属”で出馬へ「あきらめなくていい社会を実現したい」 6年前の後悔の念も吐露

108

2022年05月19日 21:04  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真乙武洋匡氏 (C)ORICON NewS inc.
乙武洋匡氏 (C)ORICON NewS inc.
 作家の乙武洋匡氏(46)が19日、自身のYouTubeチャンネル『乙武洋匡の情熱教室 ーLimitless OTO』で生配信を行い、今夏に行われる参院選に無所属で出馬する意向であることを明かした。

【写真】和装姿で笑顔を浮かべる乙武洋匡氏

 乙武氏は「今まで一番緊張しています。朝からいろんなニュースも出ていましたし、告知をさせていただきましたが、今後の活動について、大切なご報告をさせていただきたいと。本当に朝からいろんなニュースが流れていて、本当は私の口から一番にお伝えしたいという気持ちがあったのですが。まずはこの場でしっかりとご報告をさせてください」とコメント。

 その上で「この夏に行われる参議院議員選挙において、東京選挙区から、どの政党の支援も受けることなく、完全無所属という立場で立候補させていただくことを決意しました」と伝えた。2016年の参院選に自民党からの出馬報道が出ていたが、不倫報道を受けて出馬を断念していた。

 動画内では、6年前に出馬を表明するつもりであったことを明かした上で、当時『週刊新潮』で、5人の女性と不倫関係にあったと伝えられたことを指してか「自分自身で道を閉ざしてしまいました」と後悔の念を吐露する一幕も。その上で、義足プロジェクトを振り返りながら「自分自身が体を張ることで、もう1回誰かの役に立てるかもしれないんだなというのはうれしくて…」と語った。

 続けて「私が一番実現したいこと、それはあきらめなくていい社会です。私は四肢のない身体障害者として生まれてきました。私はたまたま両親の子育て、教育、友だちとの関係性、そういったものに恵まれて、たまたま幸せに生きています」と告白。「もう少し、スタートラインがそろった、誰もが同じ位置からよーいどんで頑張れる、そんな社会にしていくべきじゃないかな」と訴えた。

【乙武洋匡】
作家。1976年、東京都出身。早稲田大学在学中に出版した『五体不満足』が600万部を超すベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍したほか、杉並区立杉並第四小学校教諭、東京都教育委員を歴任。その後も作家として作品を発表、コメンテータや報道番組MCなども務める。
社会課題の解決に取り組むプロジェクトにも多数取り組み、地域に根ざした子育てを目指す「まちの保育園」経営に参画するほか、全ての人が安全で快適に過ごせる「ユニバーサルな社会」の構築を目指す『株式会社バリアフリーカンパニー』プロジェクト・フェロー、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かなアーティストと観客が一緒に楽しむ『True Colors Festival』アンバサダー、難病や重度障害で外出困難な人が自宅に居ながら「分身ロボット」を操作して接客する分身ロボットカフェアドバイザーなど。

このニュースに関するつぶやき

  • 身体障碍者は得票のボーナス点ではありませんよ。���ޤ��健常者も身体障害者も同じだけ利益を受けるような政策が必要なだけですね。�ѥ��
    • イイネ!15
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(79件)

ニュース設定