Z世代の愛憎劇…新「ゴシップガール」6月1日からDL開始

0

2022年05月20日 16:32  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「ゴシップガール(2021)<シーズン1>」(C)2021 WarnerMedia Direct
「ゴシップガール(2021)<シーズン1>」(C)2021 WarnerMedia Direct
海外TVシリーズ「ゴシップガール(2021)<シーズン1>」のダウンロード販売とデジタルレンタルが、6月1日(水)より開始されることが決定した。

人気インスタグラマーのジュリアンを中心とした7人グループが、コンスタンス・ビラード学園のヒエラルキートップに君臨していた。新学期、奨学金を得て転校してきたゾヤをパーティーに招待し、仲間の困惑を無視して仲間に招き入れようとするジュリアン。そこに突如、開設された謎のInstagramアカウント「ゴシップガール」が、彼らの隠された秘密を次々と投稿し始める――。

全米で延べ1億人以上が視聴した、2007年から2012年まで全6シーズンにわたり放送された伝説のガールズドラマ「ゴシップガール」。約200か国で放送され、日本でも大ヒットした人気シリーズが、リブート版として登場。あれから10年後のN.Y.アッパー・イースト・サイドを舞台に、Z世代のアイコンたちが過激に繰り広げるドラマチックな愛憎劇となっている。

また本作は、ジョシュ・シュワルツ、ステファニー・サヴェージらオリジナルシリーズの制作陣が再集結し、“ゴシップガール”クリスティン・ベルも続投したほか、「セックス・アンド・ザ・シティ」や「マンハッタンに恋をして〜キャリーの日記〜」、オリジナルシリーズでも衣装を手掛けたエリック・デイマンが引き続き、衣装デザインを担当している。

日本語吹き替え版では、“ゴシップガール”のたかはし智秋ほか、田村睦心、逢田梨香子、前野智昭、早見沙織、戸松遥ら人気声優たちが担当している。

「ゴシップガール(2021)<シーズン1>」は6月1日(水)よりダウンロード販売・デジタルレンタル配信開始(全12話)。






(cinemacafe.net)
    ニュース設定