ミツビシの新型軽EV『eKクロス EV』登場。航続距離180km、2022年夏より発売

1

2022年05月20日 17:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年5月20日に発表されたミツビシekクロス EV。発売は同年夏を予定
2022年5月20日に発表されたミツビシekクロス EV。発売は同年夏を予定
 三菱自動車は5月20日、軽自動車タイプの100%電気自動車『ミツビシeKクロス EV』を発表。2022年夏から全国の系列販売会社、および楽天市場店(https://www.rakuten.ne.jp/gold/mitsubishi-motors/)で販売を開始するとアナウンスした。

 新型軽自動車の『eKクロス EV』は、SUVテイストの軽モデルである“eKクロスシリーズ”に新たに設定されたBEV。日常使いに充分な航続距離である最大180kmを実現しながら、実質購入金額が200万円を切る価格設定となっている。

 同日に発表された『ニッサン・サクラ』の姉妹車である同モデルは、軽ハイトワゴンの『eKクロス』と同等の広々とした快適な室内空間と使い勝手の良さに、EVならではの滑らかで力強い走り、圧倒的な静粛性と良好な乗り心地、さらに先進の運転支援機能とコネクティッド技術による快適性と利便性が融合されている。

 具体的には、EVシステムのレイアウト最適化することにより、クラストップレベルの荷室容量を確保するなど広々とした快適な室内空間が作られているほか、ガソリンターボモデルの約2倍に相当する195N・mの最大トルクとモーターの制御、制振性能も向上させ、滑らかで力強い走りを実現している。

 また、床下に薄型化した駆動用バッテリーをレイアウトするとともにルーフパネルの板厚を薄くすることで低重心化を図り、コーナリング時のロールを低減させ、前後重量配分を56:44としたことで四輪接地荷重のバランスを最適化。さらに、サスペンションを専用チューニングとすることで軽快感と安定感を両立した気持ちのよい操縦性、落ち着きのある質感の高い乗り心地に仕上げられている。
 
 運転支援システムでは、滑りやすい路面での発進をサポートするグリップコントロールが標準装備されたほか、高速道路同一車線運転支援機能“マイパイロット”を搭載。さらに、スムーズな車庫入れをサポートする“マイパイロット パーキング”がミツビシ車として初めて搭載された。また、コネクティッド技術においては、万が一の際のSOSコールや、充電管理、エアコンの遠隔操作などが可能となる“MITSUBISHI CONNECT”が採用されている。

 ボディカラーは、クリーンな印象を与えるミストブルーパールに銅線をイメージしたカッパーメタリックのルーフを組み合わせた新規の2トーンカラーなど、2トーン5色とモノトーン5色の全10色展開に。

 価格はグレード別に“G”が239万8000円(税込)、“P”は293万2600円(税込)となっているが、最大55万円の補助金が出る『クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金』制度を活用した場合の実質額は、それぞれ184万8000円(税込)、238万2600円(税込)となる。

■『ミツビシeKクロス EV』車輌情報
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x_ev/index.html

このニュースに関するつぶやき

  • サクラと違い、外観は従来品のキャリーオーバーなんだ。会社が左前だとそうなるわな…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定