だいたひかる、妊娠判定日から1年 背水の陣だった当時を回想「とにかく怖かった」「最後の移植だったので…」

3

2022年05月22日 16:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真息子を抱っこするだいたさん(画像は小泉貴之オフィシャルブログから)
息子を抱っこするだいたさん(画像は小泉貴之オフィシャルブログから)

 お笑いタレントのだいたひかるさんが5月21日にブログを更新。妊娠判定の日から1年がたったことを報告し、当時を振り返りました。



【その他の画像】



 「とにかく怖かった、妊娠判定の日から…ちょうど一年経ちました」と運命の日から1年が経過したことを報告しただいたさん。「もう私には残りの卵が無く、凍結していた卵を戻したら…不妊治療は卒業する約束をしての、最後の移植だったので…」「期待と不安と、もう後がない恐怖をかかえて…」と背水の陣だった当時を回想しながら、「忘れられない思い出です」としみじみつづっています。



 同日、夫でアートディレクターの小泉貴之さんもブログを更新。「ほんと、授かりもの以外の何ものでもない」「あの日は、どこに報告しても声が震えていたのをよく覚えてる」と感動に打ち震えていた当時を思い出しながら、「ほんとに、ほんとに、よくきてくれたね」と心からの感謝の気持を伝えていました。



 ファンからは「きっと一生忘れませんね! 本当に良かった!!」と自分のことのように安堵(あんど)する声とともに、「まだまだ色々あると思いますが子育て楽しんでね」「どんな大変な子育ても、この日を思えば乗り越えられるね!」というエールが届いています。



 だいたさんは乳がんの治療を中断し、長期凍結保存していた受精卵を移植して2021年5月に妊娠。2022年1月14日には帝王切開で第1子となる息子を出産。ブログでは子育ての様子を日々投稿しており、5月14日には両家の両親がそろってお食い初めができたことを、喜びとともに報告していました。


このニュースに関するつぶやき

  • わあ〜大きくなってるɽ��ʴ򤷤���元気にお育ちよ。あっという間の赤ちゃん時代、堪能してくださいな。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定