【鎌倉殿の13人】“義経ロス”の悲鳴広がる…首桶シーンに「トラウマ」「号泣した」【ネタバレあり】

1

2022年05月22日 20:45  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『鎌倉殿の13人』に出演した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
『鎌倉殿の13人』に出演した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第20回「帰ってきた義経」が22日、放送された。

【写真】首桶になった義経…頼朝と”涙の再会”を果たすシーン

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

※以下、ネタバレあり
 京を離れ、奥州へ逃れた源義経(菅田将暉)。しかし、温かく迎え入れてくれた奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)が程なく死去。

 これを知った義時(小栗旬)は、状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる源頼朝(大泉洋)は、藤原国衡(平山祐介)・泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み義経を討つように冷たく命じる。八重(新垣結衣)に見送られ、平泉へと発つ義時。一方、捕らわれた静御前(石橋静河)は鎌倉で…という第20回のストーリーだった。

 頼朝から「生かして連れて帰るな。新しい世を作るためじゃ」という非情命令を受け、“ダークサイド”に落ちた義時。静御前の“その後”を伝え、義経の鎌倉への憎しみを燃え上がらせる。

 しかし、義経は「この首で平泉が守れるなら、本望」と自ら討たれる道を選ぶ。最期のシーンが描かれることはなく“首桶”になって頼朝と再会。頼朝は「すまぬ、九郎」と嗚咽し、首桶を抱き締めた。

 ネット上では「早くも義経ロスです」「しんどすぎる」「頼朝、何もかもが遅いよ…」「首桶はもうトラウマです」「我慢できずに号泣した」などの声が寄せられている。
    ニュース設定