【ANN55周年連載Vol.1】Creepy Nuts&金子D鼎談(後編) ナイナイ、オードリーに続く長寿番組へ「続けられる限り続けたい」

0

2022年05月23日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『オールナイトニッポン』55周年連載Vol.1 Creepy Nuts&金子司ディレクターの鼎談 撮影/池本史彦 (C)ORICON NewS inc.
『オールナイトニッポン』55周年連載Vol.1 Creepy Nuts&金子司ディレクターの鼎談 撮影/池本史彦 (C)ORICON NewS inc.
 1967年10月2日の深夜1時。「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を。フレッシュな夜をリードするオールナイトニッポン!」という糸居五郎の第一声で、ニッポン放送“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン(ANN)』が幕開けした。現在にいたるまで、才能豊かな数々のパーソナリティーを見出し、リスナーに寄り添い、常に時代の最先端を見つめ、話題や文化を発信してきた『ANN』が、この4月から55周年YEARを迎えた。

【写真】Creepy Nuts、菅田将暉の後任で4月から月曜『ANN』担当 番組内で発表

 ORICON NEWSでは、毎月1組のパーソナリティーにスポットを当てて『ANN』の“今”を紹介する連載企画をスタート。トップバッターは、4年間にわたって『ANN0』(深3:00)の火曜パーソナリティーを務め、4月から『ANN』月曜を担当するCreepy Nuts。全3回にわたる初回と第2回は、番組を手がける金子司ディレクターとの鼎談を届ける。

■2人が確信「このチームは盤石」 アーティスト史上初(?)全幅の信頼を寄せる“座付き作家”

 会話の端々に、チームの空気感の良さが伝わってくるが、Creepy Nutsのラジオチームは、どういったカラーがあるのだろうか。

【金子】割と分業制みたいなイメージがあります。フリートークは福田さん(放送作家の福田卓也氏)とRさんが喫煙所にこもって、話をしていて、松永さんはその内容をほとんど知らなくて…。それはいろいろやっていったうちに今の形になりました。また、お2人の選曲について、福田さんは知らないですし。意外と各々が各々のことをしているイメージです。

【松永】オレ、このチーム盤石だと思います。このチームじゃなかったら、1年で終わっていたと思う。

【R-指定】それはマジで思う!

【松永】例えばテレビに出た時のバラエティーでの振る舞い方とか、しゃべり方とかも、福田さんがしてくれたラジオの手解きってのは結構影響が大きい気がしますね。あの人は全部理屈でしっかり真正面から言ってくれるので、そういう作家さんって、なかなかいないじゃないですか。始めた当初から変わらず、思ったことを全部言ってくれるから、本当に信頼できます。今でも、放送が終わった後に「あそこはこうだったね」という電話やLINEがくることもあります。

【R-指定】いい意味で、初っ端からアーティスト扱いじゃなくて、ラジオを一緒に作る感じです。オレらはラジオの素人として入ってきたから、そこも含めて教えてくれました。

【松永】あの人さ、この番組に対してプライドをめちゃくちゃ持ってくれているよね。このラジオが面白くないなんて、マジで許せないって思ってくれている。じゃないと、この熱量でやってくれないと思うから、情熱を持ってやってくれているのがすごく伝わります。福田さんはオレらのファンクラブも手伝ってくれていますし…。

【R-指定】やっぱり、なんかあったら相談する存在です。

【松永】佐久間さんのラジオ(『佐久間宣行ANN0』)も、福田さんが作家をやられていますが、オークラさんがゲストに来た回のエンディングトークで、佐久間さんが「福田はCreepyの座付きだもんな」って話していて(笑)。いやいや、アーティストに座付きの作家さんっていないですよね(笑)。でも、福田さんはもう座付きですよね。

【R-指定】たまにない? 福田さんが関係ないテレビ番組に俺らが出る時にも「これってどういったらいいですか?」って、福田さんに相談するっていうこと。

【松永】あるある! 福田さんにはゼロベースで相談できますね。例えば、オレがオープニングで、20分くらいスペゲス(※松永がネットニュースなどの文字での切り取りをやめてほしいと言う、自身の言葉で話をしたいテーマのトーク)を連れてくる時も「福田さん、すみません。きょうスペゲスいます」「またかよ」みたいな話をして(笑)。

【金子】でも、基本的にやめようっていうテンションではなくて「どうしようか?」という形で話を進めてくれますよね。話すことで伝わるし、その後にどう面白くするかっていうことも考えてくれて。

【松永】奇跡的に、今のところ、ちゃんといつも通りの放送に移行できていますね。

 チーム感も盤石な『Creepy ANN』だが、放送当日のルーティーンなどはあるのだろうか。

【松永】ルーティーンでいえば、Rはぎりぎりまでタバコを吸っていて、オレがギリでトイレに行きたくなるくらいですかね(笑)。

【R-指定】たしかに、僕もあるとしたら、福田さんと喫煙所で話すくらいですね。

【松永】去年、ひとりで番組やった時はマジでノープランだったもん(笑)。

【金子】あれ、でもコーナーは飛ばしましたよね?

【松永】しゃべり始めたら、止まらなくてまさか全部コーナー飛ばすっていう(笑)。事前準備が苦手で、本番が始まるまで本当に何も思いつかなかったんです。もう、あの時は腹くくっていました(笑)。

【金子】たとえうまくいかなくても、なんか面白くしてくれそうな福田さんがいてくれるからっていう安心感がありますよね。

【松永】実はその時、福田さんが事前に言ったのは「トリッキーな放送に逃げないで、真正面から一人喋りを普通にやろう」だったんです。オレは「マジで?」って思ったんですけど、そうしたら楽しかったんです。

■DJ松永の原体験となったオードリー、朝井リョウ&加藤千恵のラジオ 日本語ラップ紹介ライブ「夢のようなこと」

 55周年YEARを迎える『ANN』だが、リスナーとしての体験を聞いてみた。

【R-指定】オレは、松永さんの家で、松永さんが寝る時にずっとかけていたオードリーさんのANNを聞いたのが、最初にANNと認識して聞いた感じでした。

【松永】オレは、オードリーさん、朝井リョウ&カトチエさん(加藤千恵)のANN0です。あれで、知らない話って面白いなって思ったんです。小説のことは知らないけど、知らない世界の話っておもしれーなって。だから、自分たちがラジオをやるとなったら、それでも全然いいんじゃんって、後押しをもらいました。

【R-指定】後からつながるみたいなこともありました。自分が好きな中島みゆきさんの「ファイト!」っていう楽曲が、リスナーさんからのお便りをもとにできたことであったり、オレが大好きな稲川淳二さんが怪談を初めて話したのがANNの2部だったり…。

 番組の人気コーナーである「日本語ラップ紹介のコーナー」を実際のステージとして実現するHIP HOPライブ『Creepy Nutsのオールナイトニッポンpresents 日本語ラップ紹介ライブin 大阪城野音』が、7月9日に開催。R-指定の地元でもある大阪で、SHINGO★西成、MC TYSON、775をゲストに迎えて行われる。

【松永】たぶん、ラジオリスナーが普通にしていたら接することのない人たち、生き物を連れてきて、それに接してもらう動物園です(笑)。

【R-指定】おい(笑)! それ、SHINGO★西成さんの目見て言えるんか(笑)? オレらもヒップホップきっかけで、ラッパーじゃなければ、DJじゃなければ出会ってなかったっていう人がいっぱいいて。リスナーの方には、ラジオを通して体験してもらっていますが、それってすごくいいなと。ホンマにそれがなかったら、知らなかった人間の考え方とか景色とかを、ライブや楽曲を通して感じることができます。

【松永】ラジオって、いろいろ紹介してもらうメディアという側面が大きいじゃないですか。まさかオレらが『ANN0』から『ANN』をやって、好きな日本語ラップの人たちを紹介できるって夢のようなことです。こんなに好き勝手やっていいのかっていう。学生時代、自分が好きな楽曲を友だちに紹介することが楽しいみたいな経験ってあるじゃないですか。それを公的な場所で堂々と、しかもヒップホップっていう、深夜ラジオとはもともとそこまで親和性がなかったものを、自分たちがやれているのがうれしいです。

■『ANN』は「続けられる限り続けたい」 今後の目標は“先輩感”「後輩いっぱい呼びたい」

 『ANN0』から『ANN』へと舞台を変えて駆け上がってきたCreepy Nuts。アルコ&ピースの『ANN』を聴いたことがきっかけで、エフエム群馬からニッポン放送のグループ会社に入り、今では『ANN』全体のチーフディレクターを務める金子氏。この4年で、それぞれが立場を大きく変化しながら、毎週変わらない声を届けていく。

【金子】これを10数年続けているオードリーさんってエグいですよね。ナイナイさんは20年以上ですからね。お2人もそういう風になるんだろうなと思っています。

【松永】続けられる限り続けたいです。やめたい気持ちは一ミリも無い。

【金子】菅田将暉さんが俳優業との両立を考えて『ANN』を卒業するお話をされた時に感じたのは、その決断もまたラジオだなと。

【松永】そもそも、みんな本業のある方々がラジオをやられているので、簡単に語れないですよね。個人の立場と仕事は違うから。でも、オレらの場合は…(R-指定を見ながら)あったほうがいいよねー。あったほうがいいし、やりたいよね。

【R-指定】ここがあることで、いろいろと伝わっている部分があるから、それがない状態でと考えると。本当に切っても切れないもののひとつになっています。

【松永】確かにこれがあるからっていうように、ルーティーンとして染み付いているから、これがなくなると、勝手が変わると思う。これからは、年下のラッパーとかも呼んでみたいです。それぞれ31歳と32歳になって、ずっと先輩の方々をゲストに呼んで、へーこらやっていて、いつまでそれをやっているんだと(笑)。40歳とかになっても「へいへい」っていうのは聴いていられないと思うので、後輩もいっぱい呼びたいですし。めちゃくちゃカッコいい人もいるので。BAD HOPが来た時みたいなことをもっとやりたいですね。

【金子】(声を潜めながら)あの時が一番怖かったです。めちゃくちゃ礼儀正しいお2人なんですけど、番組の打ち合わせをしている時、手が震えちゃいました(笑)。なぜか、ゲストの打ち合わせだけ僕がやるんです(笑)。

【松永】それで、福田さんが考えた失礼な台本を説明しないといけない(笑)。

【金子】「これ、失礼なことが書いてあるんですけど、無視してもらっていいですから」と伝えるのですが、じゃあ書くなよっていう話ですよね(笑)。僕が全部やりたくないんですけど「韻を踏んでもらうジングルがありまして」なんてお伝えしています(笑)。

 来週の配信では、松永がコロナ療養から復帰し、aikoをゲストに迎えた生放送の密着を紹介する。

【Creepy Nuts】
MCバトル日本3連覇のラッパー「R-指定」と、DJバトル世界一のDJであり、トラックメイカーとして活躍する「DJ松永」による1MC1DJのHIPHOPユニット。業界屈指のスキルを持つこの2人だからこそ実現できる唯一無二のライブパフォーマンスは必見。2018年4月から「オールナイトニッポン0(ZERO)」火曜日を担当し、22年4月から『オールナイトニッポン』月曜日を担当している。
    ニュース設定