西島秀俊、『ユニコーンに乗って』で永野芽郁の“おじさん部下”に 杉野遥亮の出演も決定

1

2022年05月24日 06:11  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真西島秀俊と杉野遥亮『ユニコーンに乗って』(c)TBS
西島秀俊と杉野遥亮『ユニコーンに乗って』(c)TBS

 永野芽郁が主演を務める7月期のTBS火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』に、西島秀俊と杉野遥亮が出演することが決定した。


【写真】西島秀俊と杉野遥亮アザーカット4点


 本作は、『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系)、『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の大北はるかが脚本を手がける完全オリジナルストーリー。永野芽郁演じる教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」の若きCEOのもとに、ある日突然、会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く。


 佐奈がCEOを務める「ドリームポニー」に部下として転職してくるおじさんサラリーマン・小鳥智志を西島が演じる。小鳥は昔ながらの地方銀行に約25年勤めていたが、とある出来事をきっかけに48歳にして転職活動を始め、転職サイトで見つけた「ドリームポニー」の面接を受け、採用される。小鳥は年齢差のある若いメンバーとのギャップやスタートアップ企業の風習に戸惑いながらも、必死に学ぶ日々を楽しみ、新たなやりがいを感じていく。また、最初はなかなか佐奈とそりが合わないが、次第に様々な場面で佐奈を支え、影響を与え合う存在になっていく。


 主演を務めた映画『ドライブ・マイ・カー』が米アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞したことが記憶に新しい西島。今作が受賞後初の連続ドラマ出演となり、TBSの火曜ドラマ枠への出演も初となる。


 そして、佐奈とともに「ドリームポニー」を起業し、最良のビジネスパートナーとして一番近くで苦楽を共にしてきた須崎功を杉野が演じる。須崎は優秀なエンジニアだが、こと恋愛になると不器用で、長年想いを寄せる佐奈との関係に葛藤していく。親友でありビジネスパートナーという関係性を続けることが互いの幸せだと言い聞かせており、告白できないまま今に至っている。


 また、5月31日には、永野、西島、杉野と共に働く「ドリームポニー」の個性豊かな3名のキャストが発表される。


■コメント
・西島秀俊


『ユニコーンに乗って』はプロデューサーをはじめスタッフ、キャスト、本当に若い現場です。新しく気持ちのいい作品を、自由で心地良い現場から生み出そうという雰囲気に溢れています。これは若者たちが現実にぶつかりながら夢に向かって生きていく物語です。僕もまた、全く違う世代ながらその夢に乗っていきます。
世代や価値観の違う者同士がゆっくりと歩み寄り、やがて尊敬し合う。難しいことだからこそドラマで丁寧に演じたいと思います。素敵な大人の青春ドラマになると思います。どうぞご期待ください。


・杉野遥亮


永野さん、西島さんにお会いして、みんなで良い作品を世の中にお届けできるんじゃないかなとすごくワクワクしています。僕が演じる須崎は、永野さん演じる佐奈という人の存在がすごく大きいのですが、そこに西島さん演じる小鳥さんが現れて、自分の向いていく方向や想いが段々変化していく役柄なのかなと思っています。
オリジナル作品なので、まだ手探りなところもあるのですが、現場で色々と模索しながら丁寧に演じていきたいです。いろんな方の背中を押したり、応援できるような作品になっていると思います。楽しみにしていてください。


・プロデューサー・松本友香


永野さん、西島さん、杉野さんが3人揃った姿を初めて見たとき、そこから滲み出る空気に、なんだか素敵な関係性になる予感!!と思い、撮影に向けて期待が高まりました。
西島さんとは半年前から何度か役についてお話したり、スタートアップ企業にも取材に行きまして、作品に実直に向き合う姿にとても感銘を受けました。取材先でペンとノートでメモを取る姿がナチュラルに小鳥さんと重なり、西島さんがどんなふうに小鳥さんを演じていくのかとても楽しみになりました。
杉野さんとも事前に会話を重ねていて、丁寧に作品と向き合っていく姿が印象的です。真面目さの奥に、儚ない青年のエモーショナルな感じもあり、皆の胸が締め付けられるような須崎功を素敵に演じてくれそうで今からワクワクしています。


・プロデューサー・岩崎愛奈


若きCEOと共に働く、おじさん部下と優秀なビジネスパートナー。そんなちょっと不思議な組み合わせを、西島秀俊さんと杉野遥亮さんというこの上なく魅力的なお二人に演じていただけることになり、ワクワクが止まりません! 西島さんは、いつも穏やかで垣根のないフラットな空気を纏っていて、その場の雰囲気まで柔らかくしてくださる方。そんな西島さんに、全スタッフがすでにメロメロに(笑)。小鳥さんという人物を築いていくためのたくさんのアイデアを共有してくださるので、その共同作業がとても楽しく、思い描いていた以上に素敵でチャーミングな小鳥さんが誕生していく過程に、日々胸が高鳴っています。
杉野さんはとても真摯に役柄に向き合う姿が印象的。まさに誠実という言葉が似合う方。台詞や衣装ひとつひとつをとても丁寧に汲み取って「須崎はこういう人なんじゃないか」と、多方向から組み立ててくださっています。いろんな思いを胸に主人公・佐奈に寄り添い続ける須崎を、杉野さんなら素敵に繊細に演じてくださると確信しています。


(リアルサウンド編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • アン・ハサウェイとデ・ニーロの「マイ・インターン」を思い出させるストーリーだわ。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定