橋本愛、地上波民放連続ドラマ初主演 合格率100%を誇る謎の家庭教師のトラコ役

0

2022年05月26日 14:50  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真7月期の連続ドラマ「家庭教師のトラコ」に主演する橋本愛 (C)日本テレビ
7月期の連続ドラマ「家庭教師のトラコ」に主演する橋本愛 (C)日本テレビ

 7月スタートの日本テレビ系ドラマ「家庭教師のトラコ」(毎週水曜10時)で、橋本愛が地上波民放連ドラ初主演を果たすことが26日、明らかになった。

【写真】「家庭教師のトラコ」 (C)日本テレビ

 本作は、脚本・遊川和彦氏×プロデューサー・大平太(おおひら・ふとし)氏という「家政婦のミタ」コンビで新たに描くオリジナル作品。

 「同期のサクラ」「35歳の少女」で遊川・大平コンビと共に歩んできた橋本が、万を持して主役として、謎多き伝説の家庭教師・トラコを演じる「個別指導式ヒューマンドラマ」となる。

 ドラマには、30代、40代、50代の3人の母親が登場。1人は、子どもの将来が不安でならないワーキングママ・中村真希、もう1人は3%の超富裕層の仲間入りをしたのに居場所がない後妻ママ・上原里美、そしてもう1人は、実家の定食屋で働きながら“底辺”であえぐバツイチママ・下山智代。

 生活レベルも全く違う3人に共通するのは、「自分の子どもを志望校に合格させたい!」 という切実な願い。「合格率100%を誇る謎の家庭教師」根津寅子(トラコ)が、三つの家庭に、それぞれ違うキャラクターで切り込んでいく。

 演じるに当たり、橋本は「今回のお話で面白いと思ったのは、トラコが実は、“家庭の教師”であるというところです。ただ単に勉強を教えるだけではなくて、家庭そのものにアプローチしていく姿がすごく面白いなと思います」とコメント。

 主演を務めることについては、「体力勝負への身構えこそありますが、それも楽しみたいなと思います」と意気込みを語った。

 最後に視聴者に向けて、「トラコは、三つの家庭の生徒に合わせて風貌は変わりますが、根っこの部分は変わりません。プライベートな部分は、序盤、謎に包まれたまま進んでいくと思いますので、視聴者の皆さまには、いろんなキャラクターに変身するトラコ自身の本心、本性の部分を、想像しながら見ていただきたいと思います」とメッセージを送った。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定