鈴木亮平『バズ・ライトイヤー』の日本版声優に決定 米国本社のオーディションで役を獲得「興奮しました!」

0

2022年05月27日 14:50  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真主人公バズ・ライトイヤーの声を演じる鈴木亮平 (C)2022 DisneyPixar. All Rights Reserved.
主人公バズ・ライトイヤーの声を演じる鈴木亮平 (C)2022 DisneyPixar. All Rights Reserved.

 俳優の鈴木亮平が、ディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』で、主人公のバズ・ライトイヤー役の日本版声優を務めることが決定。併せて、日本版本予告が解禁された。

【写真】収録に臨む鈴木亮平 (C)2022 DisneyPixar. All Rights Reserved.

 『トイ・ストーリー』シリーズでアンディ少年のお気に入りのおもちゃのバズ・ライトイヤー。実は、アンディの人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公でもある。

 その映画こそが、本作で描かれる『バズ・ライトイヤー』だ。本作では、1200人もの乗組員と共に、危険な惑星に不時着してしまったスペース・レンジャーのバズが、地球に帰還するため、不可能なミッションに挑む姿を描く。

 米国本社のオーディションを経て、見事に日本版声優の座を射止めた鈴木は「興奮しました! あのバズ・ライトイヤーを僕がやらせていただいていいんだろうかという思いが一番強かったです。うれしかったですし、光栄ですが、ちゃんとやらなきゃいけないというプレッシャーも感じています」と語る。

 収録に臨むに当たっては、「バズがどういう人間で、何を求めて生きていて、どういう環境で育ってきたのかを考えるところから始めました。おもちゃのバズのモデルとなった“人間のバズ”をどこまで演じられるか、いろんなバズの面を掘っていきました」と振り返った。

 バズの魅力について聞かれると、「完璧じゃないところ。一見、完璧でかっこいいスペース・レンジャーに見える、本人もそうありたいともがいているけれども、実は失敗もたくさんして、人を育てるのが苦手。プライドと責任感は表裏一体だと思うんですが、そういう未熟なところと、片や、すごく愛情深くて優しくて、何か自分が間違えたと悟ったときには、すごく素直に自分を変えることができるという、未熟さと素直なところがバズの一番の魅力かなと思います」と話した。

 映画『バズ・ライトイヤー』は7月1日から全国公開。

https://youtu.be/ZDLzhpM2hKU

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定