久慈暁子、渡邊雄太と“先走り”婚約から即結婚!セレブ妻転身で同僚アナに“再マウント”へ

0

2022年05月27日 21:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真久慈暁子、渡邊雄太選手
久慈暁子、渡邊雄太選手

「雄太、これからよろしくお願いします!」

 5月26日、フジテレビ系情報番組『ポップUP!』に生出演した、元同局アナの久慈暁子が婚約したことを電撃発表。お相手はアメリカのプロバスケットボールリーグ・NBA『トロント・ラプターズ』に所属する渡邊雄太選手だ。

 2人の出会いは2019年、久慈がスポーツキャスターを務めていた『めざましテレビ』での取材で、2021年の東京五輪で再会したのか、後に交際スタート。NBAでプレーする渡邊選手に会いに、遠くカナダまで足を運んで愛を育んだよう。婚約までの交際期間はおよそ10か月と、なかなかのランアンドガン(速攻)ぶり。

 すると翌5月27日、それぞれのインスタグラムにて《私たち、渡邊雄太と久慈暁子は、このたび入籍したことをご報告させていただきます。》との連名で、婚約発表からわずか1日で結婚を報告。しかも入籍日は、久慈が生出演したその日の午後とどこかチグハグな印象も受けるが……。

 今年1月にブログで退社することを報告、4月にタレントに転身した久慈だけに、「今となれば結婚を視野に入れていたのかも」とはキー局スポーツ部ディレクター。

「NBAプレーヤーの渡邊選手と結婚となれば、もちろん仕事を続ける選択肢もありますが、メジャーリーガーと結婚した多くの先輩アナ同様に海外移住が基本路線27歳と若くしてのフリー転身にどこか違和感を覚えたものでしたが、結婚を考えていたのならば納得です」

 身体が資本のプロスポーツ選手、しかも稼ぎ出すサラリーも桁違いとなるメジャーリーガーやNBA選手となれば、食事面でも一層の体調管理が求められる。彼女もこれからは夫をサポートする人生を選ぶのかもしれない。

フィアンセ置いてけぼりの婚約発表

 ともに27歳と同い年と比較的若い花嫁となる久慈だが、婚約から結婚までの一連の言動について、ベテラン女性芸能リポーターは少々意地悪な見方。

「今時、わざわざ生放送で婚約発表とは珍しいとは思っていました。結婚発表などの報告ごとといえば、インスタグラムやツイッターなどのSNSツールを使うのが最近のトレンド。世界のどこにいても更新できますし、それこそ2人揃って報告、また連名や画像を添えることもできますから。

 にもかかわらず、フィアンセ置いてけぼりのひとりきりの婚約発表に、ちょっと久慈さんの“先走り”感が出ちゃった印象でした(笑)」

 たしかに例外なく、インスタやツイッターを利用している渡邊選手だが、彼女が生報告した5月26日にSNSの更新もなく、所属するラプターズの公式HPにもビッグニュースがアップされることはなかった。

 さらに不可解だったのは、香川県に住む渡邊選手の父・英幸さんの“証言”だった。『スポーツ報知』の取材に対して、《お付き合いしている方がいるのは、ニュアンスで感じてはいましたが、最近知り、まさか結婚する相手とは驚きました。サプライズのような形でした》と答えている。

 シーズンを終えて帰国した息子から報告を受けたのが5月上旬と、それまでは交際相手が久慈であることも知らされていなかった模様。その後に両家の顔合わせも含めて、婚約を済ませたということなのか、いささか急展開に思えるようなーー。

 2017年4月に入社、新人にして歴代エースアナも担当した『クジパン』を任されると、さらに同年10月には『めざましテレビ』抜擢のスピード出世。久慈は、将来のエースアナを確約されたと言ってもいい期待の大型新人だった。

「青山学院時代からモデルなどの芸能活動を始め、同郷という縁から大谷翔平選手との対談も果たしています。『めざまし』ではスポーツキャスターとして、フィギュアスケートの羽生結弦選手ら有名アスリートの現場取材を任されることも。

 そうそう、元カレも『東京ヤクルトスワローズ』の原樹理投手でしたね。ただ、彼女がいる現場は華やかにはなるんですが、少々勉強不足というか、たまにとんちんかんな質問をしては選手を困らせることもありました」(スポーツ紙野球担当記者)

後輩の井上清華アナに上に立たれた

 鳴り物入りで“花形”担当になるも、エースを背負う重責か、それとも下積み経験が少ないままに起用され続けた弊害か、どこか伸び悩んでいたような久慈。一方で、局内でメキメキと頭角を現したのが、同じ青学出身で1学年下の後輩・井上清華アナ

 同様に学生タレント出身の井上アナだが、こちらはお天気キャスターやリポーターから地道にキャリアを重ね、ついに『めざましテレビ』メインキャスターに昇り詰めたのが2021年3月のこと。実質、久慈より先に看板アナとして“上に立った”のだ。

 追い打ちをかけるように翌4月、同局アナ7人がとある美容室の広告塔の役割を担ったとされる、“ステマ騒動”が発覚する。久慈もこれに関わったとして上層部から厳重注意を受けたようだが、彼女は納得できなかった部分もあったという。

「エースアナの座から追われて、アナウンス部に居心地の悪さを感じていた折に彼と再会したのでしょう。20代後半に差し掛かり、局アナとして先細るよりも若いうちにフリーに転身してトップアスリートの夫をサポートする。今度こそ、海外からSNSを通じてセレブ生活を発信すれば、それも仕事につながりますからね」

 とは前出の女性芸能リポーター。また、入籍直前に婚約を生報告してみせた不可解な行動については、

「業界でありがちなのが、元々入籍する日は決まっていて。渡邊選手は来シーズンに向けて、すぐに海外に立つ可能性もありますからね。それでお世話になった前職場の先輩や上司に結婚報告をしたら、その日のうちに“ぜひ、出演して”と請われたのでは? 久慈さんも芸能人としてカメラの前で“婚約発表”するのは悪い気しないでしょうし、同僚や世間に幸せな姿を見せることができますから。

 ただ、『めざまし』で何度か料理企画に挑戦しているのを見ましたが、お世辞にも得意とは言い難い手際でした(苦笑)。アズリート妻としてそこは心配ですが、持ち前の負けず嫌いな性格で、大急ぎで“アスリートフードマイスター”資格をとるかもしれまんよ」

 プロスポーツ選手同様に、アナウンサーも勝負の世界で生きているようだ。

    ニュース設定