『マイファミリー』第8話あらすじ 最終章に突入…犯人に関する”真実”が明らかに?

0

2022年05月29日 10:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBS
日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBS
 嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の第8話が、29日に放送される。

【写真】「俺が誘拐した」と自白した東堂…その後に向かった先とは?

 人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。

■第8話のあらすじ
「俺が誘拐した」。親友・東堂(濱田岳)の告白に、温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)、三輪(賀来賢人)は言葉を失くす。最愛の娘を誘拐される苦しみを誰よりも知っている東堂が、なぜ?

温人たちは沸き上がる怒りを抑えながら、犯行に至った理由やその一部始終を聞く。そして、浮かび上がってくる数々の疑問点、東堂の娘・心春ちゃん誘拐に残る多くの謎。明かされる、更なる真実、物語は、ついに最終章を迎える…。
    ニュース設定