我妻ゆりか「次の一人旅はモルディブに行く予定です!」

0

2022年05月29日 14:21  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真『週刊プレイボーイ』のグラビアに登場した我妻ゆりか
『週刊プレイボーイ』のグラビアに登場した我妻ゆりか

「補聴器をつけた天使」として話題になった我妻(わがつま)ゆりかが、5月30日(月)発売『週刊プレイボーイ24号』のグラビアに登場。

人懐っこくて、なんにでも全力。ファンを魅了し、スタッフも虜にする天真爛漫なキャラクター。彼女がいると世界は色づく。

【画像】不思議な魅力の我妻ゆりか

* * *

■楽しい思い出に浸るのが好き

――ゆりかちゃんはいつ会っても、本当に楽しそうですね。

我妻 ありがとうございます。今回の撮影もすごく楽しかったんですよ。朝、ロケバスのドライバーさんにお願いして助手席に座らせてもらえましたし。

――タレントさんって、通常ロケバスの最後尾に乗りますよね。

我妻 ずっと憧れていたんです、助手席に乗るの。以前一度だけお願いしたことがあったんですが、「タレントさんはダメ」って言われて。そこから未練があったんですよ。夢が叶(かな)って本当にうれしかったです!

――そんな大きな夢じゃないような(笑)。

我妻 ほかにもいろいろあって。堤防で撮影したとき、けっこう高さがあって怖くてビビっていたんですが、スタッフさんが応援してくれたり、手を差し伸べて支えてくれたり、すごく優しかったんです。あれもいい思い出だったなぁ。あと、ロケ終わりに食べたご飯がすごくおいしくて、トラウマも乗り越えられました!

――いったいどんなトラウマ?

我妻 海鮮料理が次から次へと出てきたんですが、お魚にトラウマがあったんですよ。あれは、去年母と一緒に行った沖縄旅行の晩ご飯。「いただきま〜す!」と言った直後、魚の骨がノドに刺さっちゃって。どうやっても取れず、救急病院に行って内視鏡で取ってもらうハメに......。すごく痛くてつらかったんです。けど、もう怖くはありません!

――沖縄といえば、先日まで1ヵ月ひとりで生活していたんですよね?

我妻 そうなんです。ツイッターで「#ゆりかの一人旅」で検索してもらえれば、そのときの様子を見ることができるのでぜひ! 1ヵ月生活するためにお金をためて、ついに実現できたんですよ。同じコテージでずっと過ごして、カフェ巡りをしたり、何時間も海を眺めていたり。

あと、お風呂に入った後、屋上に行ってバスタオル姿でハイボールを飲んだり。現地でいろんな人と仲良くなって、助けられて、本当に楽しく1ヵ月過ごせました!「#ゆりかの一人旅」、今度はモルディブに行く予定です。

――ええー、次は海外?

我妻 私、海外旅行に一回も行ったことがなくて。昔から英語は赤点ばかりで、まったくできないからずっと避けていたんですけど、夢のままで終わらせたくないって思ったんです。

――どうしてモルディブなの?

我妻 リゾートBGMが好きでいつも流しているんですが、お気に入りの曲がモルディブをイメージした音楽で。ずっと聴いていたら、行きたい気持ちがあふれちゃったんです。最初は、いつかの新婚旅行にとっておこうと思ったんですが、どうしてもガマンできなくなって(笑)。

――行動力がスゴいですね。

我妻 生まれつきの感音性難聴で冒険できなかったですし、母も仕事が忙しくて遠出したことがほとんどなくて。高校までサイゼリヤに行ったことなかったですし......。どこか閉じ込められてる感じがしていて、今、その反動で爆発しているのかも(笑)。

行こうと思ったら、どこでも行けるんだっていうことがわかった。海外にも行けたら、また自信がつくと思うんです。不安よりも楽しみのほうが大きいですね。

――ゆりかちゃんは、めちゃくちゃポジティブですよね。

我妻 楽しかった思い出を、思い返すのが好きなんです。休みの日にボーっとしているとき、いろんなことを思い出していて。誕生日に「おめでとう」って言ってもらえたなぁとか、あの撮影楽しかったなぁとか。

沖縄が好きになったのも、過去に行った撮影が楽しすぎて、また沖縄に行ったら、そのときのことを思い出せるかなって思ったから。今回のロケも楽しくて、その思い出をこれから先もずっと大事にしていきたいです。

(スタイリング/田中あゆ美 ヘア&メイク/エノモトマサノリ) 

●我妻ゆりか 
2000年5月15日生まれ 千葉県出身 
身長161cm B86 W62 H89 
○生まれながらの感音性難聴で、「補聴器をつけた天使」として話題に。ファースト写真集『わがままゆりかの天使な笑顔』が発売中! 
公式Twitter【@yurikatsupa】 
公式Instagram【@wagatsuma_yurika】

取材・文/高篠友一 撮影/佐藤裕之

    ニュース設定