YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」

11

2022年06月26日 14:17  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真四十九日法要で生まれ故郷に戻ったYOSHIKIさん(画像はYOSHIKI Instagramから)
四十九日法要で生まれ故郷に戻ったYOSHIKIさん(画像はYOSHIKI Instagramから)

 ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが6月25日にSNSを更新。母親の四十九日法要で、生まれ育った千葉県館山市に帰郷したことを報告しています。



【ツイートまとめ】母親の死についてつづるYOSHIKIさん



 「This is where I grew up. I came here for my mother’s memorial ceremony.」「生まれ故郷。母、 四十九日」と英語と日本語のコメントで四十九日法要を報告したYOSHIKIさん。故郷の海辺に立ち、喪服姿で風を浴びる様子を公開しており、「I miss my mother」と消えることのない寂しさをつづっています。



 YOSHIKIさんは5月13日、「お母さんが永眠し、昨日火葬されました。まだ心の整理ができず、涙が止まらない」と深い悲しみを言葉にしながら最愛の母との別れを報告。その後は、「ずっと泣いてる。悲しみの海で溺れてる。選択の余地はないと思う。前に進むしかないと思う」「気持ちの整理は、永遠につかない気がする。前に進むしかないよね.. きっと」など大きな喪失感に襲われながらも、懸命に前を向こうとする姿勢を幾度も見せていました。



 5月16日には、「今、母のことがあり、気持ちの整理がついていない中、キャンセルも考えたけど... 少しずつでも、前に進もうと思う」と中止を視野に入れいた9月開催のコンサートを決行することを発表。



 しかし同日中には、「正直、たくさんのことが同時に起こっていて、何が現実で、何が夢なのか、よく分からなくなってるかもしれない。。」と不安な胸中を吐露し、翌17日には出演予定だった情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)を体調不良で欠席。SNSでは、腹痛で大学病院を受診したことを明かし、「母の件で、先ほど、大学病院でカウンセリングを受けた」とメンタル面の診療を受けたことも告白していました。



 その後も心の傷は癒えないまま、作曲活動やイベント出演など多忙なスケジュールをこなしていたYOSHIKIさん。母親との別れから約1カ月が経過した6月16日には、「心の整理がつかないまま、忙しい日々を過ごしている。SNSでのみんなからの温かいコメントに、こんなに救われるとは思っていなかった。ありがとう」とファンの存在から大きな力になっていることを明かしていました。


このニュースに関するつぶやき

  • 身内の死に接するとやはり仕方ないですよ。悲しみから早く立ち上がらないとね。普段離れて暮らしてるだけに色んな事考えてしまうかも知れない。
    • イイネ!14
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定