「スーパーリーグは死んでいる」 UEFAのチェフェリン会長、SLや創設クラブとの関係について語る

0

2022年06月26日 14:30  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真UEFAのチェフェリン会長 [写真]=UEFA via Getty Images
UEFAのチェフェリン会長 [写真]=UEFA via Getty Images
 欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、欧州スーパーリーグに関して口を開いた。25日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙は、チェフェリン会長が「レアル・マドリード、バルセロナ、ユヴェントスを除いてスーパーリーグ構想に参加する意思を持ったチームは居ない」という考えを持っているとしたうえで、以下の通り報じている。

「彼ら3クラブが、そこ(スーパーリーグ)に参加するかは自由だ。我々の(主催する)カップ戦に参加するか、彼らを排除することが出来る。しかし、それでは彼らが我々の側でプレーしないのは理にかなっているだろう」

「裁判所の決定がどうであれ、何も変わらない。だれも参加を望んでいないから、スーパーリーグは死んでいる。法廷に行くのは3クラブだけだ」

 また、この計画を主導しているレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長との関係性についても語った。

「私はペレス会長と一緒にいて、プロトコルを尊重していた。パリでの決勝(今季のチャンピオンズリーグ決勝)では隣に並んでいた。我々はお互い祝福したが、それだけだ」

 一方で、このスーパーリーグ構想に参加しなかったパリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長とは良い関係であると認めた。

「彼は、他のクラブの会長とは異なり、ヨーロッパのモデルを理解している。擁護したい人物の1人だ」

 最後に、試合数増加に関してもコメントしたチェフェリン会長。より多くの試合を求めているのはUEFAではなく、欧州連盟やクラブの会長だと強調し、以下のように続けた。

「UEFAとFIFAを常に攻撃するのは簡単だが、それは短絡的だ。報酬は少なくなる。文句を言うべきなのは、月に1000ユーロ(約14万円)の給料をもらっている工場労働者だ」

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定