ヨン・ウジン主演『愛に奉仕せよ』上官の妻から「用がある合図」本編特別映像

0

2022年06月26日 14:32  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真写真
ヨン・ウジン主演で上官の妻と禁断の愛に溺れゆく姿を描いた韓国映画『愛に奉仕せよ』。この度、本作の鍵となる、“人民に奉仕せよ”と記された木牌にまつわる本編シーンを抜粋した特別映像&追加の場面写真が解禁となった。




Netflix配信中のドラマ「39歳」でソン・イェジン演じる主人公と恋に落ちる皮膚科医役を演じて話題となったヨン・ウジンが、俳優歴14年目にして最も大胆なイメージチェンジを披露。様々なタブーを犯してしまう危険な愛の間で揺れる人物を、濃密なベッドシーンはもちろん、葛藤する感情の深みも完璧に演じ、韓国公開前から大きな話題を呼んだ。

今回到着した特別映像に収められているのは、自宅の居間で腰掛けてる奥様のスリョン(ジアン)と、台所で消し炭をバケツへ片付けているムグァン(ヨン・ウジン)の姿。片付けが終わり、ムグァンがスリョンの方へ目をやると、高々と木牌を掲げるスリョンの姿があった。次の瞬間、重力がおもむくまま木牌は落下し床に叩きつけられた。ショックを受けるムグァン。

木牌には主席が発表した、個人の幸福を求めず公益に尽くせという人民軍の責務である“人民に奉仕せよ”と記されていた。慌てて木牌を拾おうとスリョンの足元へ駆けつけるムグァンに対し、スリョンは「この木牌が本来の場所にない時は用がある合図だから2階へ来なさい」と用命するのだ…。

模範兵士と上官の妻という2人が身分の壁を越え、恋に落ちる。抑えきれない愛との狭間で葛藤するヨン・ウジンに注目だ。

『愛に奉仕せよ』はシネマート新宿ほか全国にて公開中。




(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定