ナタリー・ポートマン、酷評されても気にしない

2

2022年06月28日 01:05  ナリナリドットコム

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
ナタリー・ポートマン(41歳)は、酷評は気にとめないという。

鮮烈なデビューを飾った「レオン」のマチルダ役や、「スター・ウォーズ」で演じたパドメ・アミダラ役で批評家達に酷評されたナタリーだが、時が経つにつれ、映画の評価は変わるものだと指摘している。

バラエティ誌のインタビューで「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」での酷評をどうやって乗り越えたのかと聞かれたナタリーは次のように語った。

「『レオン』でも悪評はあったの」
「酷くこき下ろされた。でもマーベル作品や『スター・ウォーズ』の映画に出たにもかかわらず、今ではそれが人々が寄って来るメインの事柄」
「それと『スター・ウォーズ』は上映された時、『これは大失敗だ』と思ったけど、20年後、実際には『レオン』から30年後、あの2つの映画は人々に愛されているでしょ」

一方で、ナタリーはマーベル・シネマティック・ユニバースの新作「ソー/ラブ&サンダー」でジェーン・フォスター役を再演しているが、タイカ・ワイティティ監督は、クリス・ヘムズワース演じる タイトルロールの単なる恋の相手にとどまらず、別人格を演じて欲しかったのだと語っている。

「『マイティ・ソー』シリーズの1と2で彼女が 天文物理学者を演じたのを見たのでもう一回やるのは無意味だと思ったんだ。命の限りある地球人女性が、慌てふためいているといったね」

同新作では「女性版ソー」になるというナタリーは、肉体改造を求められ筋肉増強をしなければならなかった事も明かしている。

「『ブラック・スワン』ではなるべく小さくなる事が求められたけど、この映画ではなるべく大きくなるようにと言われたの。本当に凄い挑戦だった」


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20220672723.html


    ニュース設定