映画『プレデター:ザ・プレイ』ディズニープラス「スター」で8・5独占配信決定

63

2022年06月28日 10:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『プレデター:ザ・プレイ』ディズニープラス「スター」にて8月5日より独占配信(C)2022 20th Century Studios
『プレデター:ザ・プレイ』ディズニープラス「スター」にて8月5日より独占配信(C)2022 20th Century Studios
 1987年に公開された、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1作目から、クロスオーバー作品も含め全6作品、世界中でカルト的人気を誇る「プレデター」シリーズ。それらの前日譚となる最新作『プレデター:ザ・プレイ』が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて8月5日より独占配信されることが明らかになった。

【動画】映画『プレデター:ザ・プレイ』予告編

 高度な科学技術を駆使した武器を持つ宇宙で最も危険な戦士プレデターと、人類の初めての遭遇を映し出した予告映像、強い目をした女性が印象的なキービジュアルが解禁となった。

 本作の舞台は、300年前のアメリカ。主人公はネイティブ・アメリカン最強の部族の女性ナル。荒野のハンターたちとともに育ち、自身も戦士である彼女に目に見えぬ危機が迫る。しかし、部族は“何”に勝利しなくてはならないのか? [生きるために狩りをする人類]vs[狩りをするために生きるプレデター]。狩るか狩られるか、種族と技術の壁を越え、戦士の誇りをかけた“最初の戦い”が始まる。

 公開された映像には、ナルとプレデターとの遭遇の一端が映し出されている。川
で獲物をむさぼる野生のクマに、弓矢で狙いをつけるナル。渾身の一撃を放つも、
急所を外してしまったナルは、怒り狂ったクマに反撃をくらい、袋小路へと追い詰められてしまう。迫りくるクマの恐怖。もはや身を守るための武器もなく、ナルは死を覚悟するが、本当の恐怖はここからだった…。

 見えざる敵の恐怖、そして明らかな戦闘能力の差。仲間に危機が迫った時、ナル
は迫りくる恐怖に立ち向かうことを決意する。敵の姿が見えない圧倒的に不利な状況下での戦いに思わず手に汗握る映像となっている。

 キービジュアルは、プレデターとの戦いを決意するナルの表情を切り取ったもの。注目は、ナルの右目に写る三つの赤い光点。見えない恐怖は、確実にナルに迫っているが、それを撥ね退けるかのようにナルは視点を逸らさない。

 プレデターと壮絶な死闘を繰り広げる主人公ナルを演じるのは、ネイティブ・アメリカンの血を引く女優アンバー・ミッドサンダー。「X-MEN」シリーズのスピンオフドラマ『レギオン』や、映画『アイス・ロード』に出演し、注目を集めた彼女が、誇り高い戦士を体当たりで演じる。

 監督を務めるのは、大ヒットドラマ『ザ・ボーイズ』や『ブラック・ミラー』、映画『10 クローバーフィールド・レーン』を手がけた、ダン・トラクテンバーグ。製作総指揮を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』シリーズのマーティ・ユーイングが務めるなど、注目のヒットメーカーたちが参加している。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • ディズニーかぁ…
    • イイネ!3
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(42件)

ニュース設定