元乃木坂46・松村沙友理、“熱狂的ドルオタ役”で地上波連ドラ初主演 『推し武道』実写化

2

2022年07月01日 05:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』に主演する松村沙友理
ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』に主演する松村沙友理
 元乃木坂46の俳優・松村沙友理が、ABCテレビ・テレビ朝日系の10月クールドラマL『推しが武道館いってくれたら死ぬ』で地上波連ドラ初主演を飾ることがわかった。マイナー地下アイドルの熱狂的ファンという役柄で、松村は「かつて推されていた側に立っていた私が、今回は推しを推す側を演じさせていただくということでとってもご縁を感じています!」と胸を高鳴らせている。

【画像】赤ジャージでアイドル応援! 松村沙友理が演じる原作キャラクター・えりぴよ

 2015年から『COMICリュウ』(徳間書店)で連載中の同名漫画(原作:平尾アウリ氏)をドラマ化する。コミックス累計発行100万部を突破し、20年1月にはアニメ化もされた人気作で、「推し武道」の愛称で親しまれている。マイナーで小規模ながらも、地元岡山で地道に活動する地下アイドルグループ「ChamJam(チャムジャム)」と、そのメンバーを全力で応援する熱狂的なファンたちの、まっすぐで懸命な姿を描く。

 乃木坂46卒業後、『プロミス・シンデレラ』(TBS)、『愛しい嘘〜優しい闇〜』(テレビ朝日)など、俳優としてさまざまな作品で活躍する松村が、ついに地上波連ドラ初主演を果たす。演じる主人公えりぴよは熱狂的な女性ドルオタ(アイドルオタク)で、ChamJamの人気最下位メンバー・市井舞菜に人生のすべてを捧げるキャラクター。自分の服は高校時代の赤ジャージしか持っていないほど、お金と時間を注ぎ込み、全力で舞菜に“片想い”する。

 元アイドルの松村は「原作読ませていただきました! 以前からアニメも観ていて大好きな作品でもあって、さらに自分もアイドルだったこともあって、ファンの方からの視点で見えることがとても新鮮で、私自身こうやって応援していただいていたんだなと、自分に刺さるものがとってもありました!」と目を輝かせる。

 主人公えりぴよについて「自分にまっすぐで熱くて、何よりも推しのことを考えられる優しさを持っている人だなと思いました」と共感を寄せ、「えりぴよのコミカルさを大事にしながら、一途な熱い想いを表現できたらいいなと思います!」と気合い十分。ドルオタ役へ「今からドキドキが止まらないですが、自分自身に通ずる部分もある作品なので、チームの皆さんと楽しみながらやれたらいいなと思っています!」と言い、「私も推しとともにこの作品への愛を一心に注いですてきな作品をお届けできるよう、一生懸命頑張ります! ぜひお楽しみにしていてください!」と呼びかける。

 原作の平尾氏は「実写にしていただくことは漫画家をやっていく上での最終目標だと思っていましたので、うれしかったです」と喜び、主演が松村に決まり「松村沙友理さんはお顔やふるまいが大変可愛くて、以前から好きでお姿を拝見していましたので恐縮しております」と期待を寄せる。

 映画『4月の君、スピカ。』(2019年)、『美作物語〜風を奏でる君へ〜』(2023年秋公開予定)などの大谷健太郎監督がメガホンをとり、女性主人公のヒット作『NANA』(2005年)などの手腕をいかし、女性ドルオタのひたむきな姿をコミカルに切り取る。脚本の本山久美子氏と初タッグを組む。そして、舞菜をはじめとするChamJamメンバーのキャスティングや、躍動感にあふれたライブパフォーマンスシーンも注目となる。

■松村沙友理 コメント
――原作は読まれましたか? 読まれて感想等ありましたらお聞かせください。

原作読ませていただきました! 以前からアニメも観ていて大好きな作品でもあって、さらに自分もアイドルだったこともあって、ファンの方からの視点で見えることがとても新鮮で、私自身こうやって応援していただいていたんだなと、自分に刺さるものがとってもありました!

――えりぴよは、どんな人物だという印象ですか? また、どのように演じたいとお考えですか?

自分にまっすぐで熱くて、何よりも推しのことを考えられる優しさを持っている人だなと思いました。えりぴよのコミカルさを大事にしながら、一途な熱い想いを表現できたらいいなと思います!

――今作が初めての連続ドラマの主演となります。意気込みをお願いします!

今からドキドキが止まらないですが、自分自身に通ずる部分もある作品なので、チームの皆さんと楽しみながらやれたらいいなと思っています!

――松村さんは、たくさんの作品に出演されていますが、さまざまな役を演じるにあたって、心がけていることがありましたら教えてください。

現場で監督はじめとするスタッフさんや共演者の皆さんとコミュニケーションをとることや、まわりの方のアドバイスをちゃんと自分の中で消化できるように心がけています!

――最後に視聴者の方へ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の見どころとともにメッセージをお願いします。

かつて推されていた側に立っていた私が、今回は推しを推す側を演じさせていただくということでとってもご縁を感じています! 私も推しとともにこの作品への愛を一心に注いですてきな作品をお届けできるよう、一生懸命頑張ります! ぜひお楽しみにしていてください!

■原作・平尾アウリ氏 コメント
――「連続ドラマ化」のお話を聞かれた時の感想をお聞かせください。

実写にしていただくことは漫画家をやっていく上での最終目標だと思っていましたので、うれしかったです。今作は特に実写だと難しいテンションの作品かと思っておりますので驚きましたが、制作に携わってくださっている皆さまを信頼してお任せしておりますので、私自身も視聴者として放送を楽しみにしています。

――えりぴよ役の松村沙友理さんの印象を教えてください。

松村沙友理さんはお顔やふるまいが大変可愛くて、以前から好きでお姿を拝見していましたので恐縮しております。

――視聴者の方へメッセージを。

音楽をアニメ版と同じ日向萌さんがお引き受けくださっていますので、アニメの雰囲気を好きでいてくださっていた皆さまにも楽しんでいただけると思っていますし、ドラマ版では更にアニメとはまた違う楽しみ方ももちろんあるかと思います。さまざまな角度からあらためて好きになっていただけましたら幸いに思っております。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定