KinKi Kidsが“ジャニーズイズム”語る「トレンドに乗らない」 『日経エンタ』表紙登場

1

2022年07月03日 20:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『日経エンタテインメント!』表紙を飾るKinKi Kids
『日経エンタテインメント!』表紙を飾るKinKi Kids
 人気デュオ・KinKi Kidsが、7月4日発売のエンタメ専門誌『日経エンタテインメント!』(日経BP)8月号表紙と巻頭インタビューに登場する。プレーヤーとして、またクリエーターとして前進する自身の活動スタイルについて語っている。

 インタビューテーマは「2人が作ってゆくジャニーズイズム」。ジャニーズ事務所で音楽活動をしているグループとしては最長不倒の25年になる彼ら。現在はどちらかといえば個人での活動が多いが、KinKi Kidsとしても毎年ドームでコンサートを開催。変わらぬ現役感の最大の理由として堂本光一は「トレンドに乗らなかったこと」を挙げ、「今、こういうダンスミュージックがはやっているからそれにしよう、みたいな乗り方は一切してこなかった。レコード会社の人からも『今のトレンドはこうです』なんて話はほぼ出ない。どういう歌を歌うことが今のKinKiにとって新しいねと言えるのかを一番に据えて展開を考えていて、その姿勢は昔から一貫している」と語る。

 個々では、“ミュージカル俳優の堂本光一”、“ファンクミュージシャンの堂本剛”と、全く異なるジャンルで活躍している2人。ジャニーズのセオリーにはなかったエッジの利いた活動スタイルは、周囲を翻弄しているように見えこともあるが、それについて剛は、「ジャニーさん(事務所の前社長・ジャニー喜多川氏)の頭の中にあるものを何とか形にしようと生きてきた結果」と話し「2人でものを作るときと、1人が何か作るときは、全く違うことをやりなさいと言われた。メリーさん(事務所の前会長・メリー喜多川氏)からも。そういう意味でジャニーさんの中にあった“イズム”は、このKinKiの2人がやっていることすべてひっくるめてだと僕は思っている」と回想。

 新曲「Amazing Love」(27日リリース)の制作秘話もたっぷり掲載。同曲は、彼らのデビュー曲「硝子の少年」を手掛けた山下達郎が作曲、作詩はKinKi Kidsが担当した。光一・剛共同での作詩は意外にも今作が初めてで、その制作過程では、互いについての新たな発見があったとも。また、山下が感じていたという、ジャニー氏のKinKiに対する思いなども明かされている。

 同号のメイン特集は「20代男性俳優 次の主役は誰だ?」。菅田将暉や神木隆之介らトップランナーが30代に近づくなか、次にこの世代で頭角を現すのは誰かを、「所属事務所×年代研究」、「テレビ&映画出演本数ランキング」などから探っている。そのほか、7月期の話題作をさらう「夏ドラマパーフェクトガイド」、復活への動きが強まる「音楽フェス最新レポート」などの企画もラインアップ。ロングインタビューには、町田啓太、岩本照(Snow Man)、杉野遥亮、中山優馬、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会などが登場する。
    ニュース設定