「オールドルーキー」綾野剛の「人の心を動かす演技がすごい」 田中樹の登場に「びっくり」「マラソン選手役がぴったり」

0

2022年07月04日 06:40  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真「オールドルーキー」(C)TBS
「オールドルーキー」(C)TBS

 綾野剛が主演する日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)の第2話が、3日に放送された。

【写真】オールドルーキー」(C)TBS

 本作は、現役を引退した元サッカー日本代表が、セカンドキャリアへ一歩踏み出す姿を描いたヒューマンドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 元サッカー日本代表で、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に就職した新町亮太郎(綾野)は、高柳社長(反町隆史)から、社員の深沢塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。

 ひかりは、全国大会で優勝したものの、まだ無名の小学生だったため、今のうちにマネージメント契約を結んで、青田買いをすれば大きな利益を生む可能性が高い。

 早速、ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)を訪ねるが、悠一は取り付く島もない。その上、世界最大手のスポーツマネージメント会社もひかりの獲得に動き出していることが分かる。

 同じ頃、社員の梅屋敷(増田貴久)が担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)は、スランプに陥っていた。

 高柳社長から、何とかスランプから回復させるようにプレッシャーを掛けられた梅屋敷だが、打つ手がなく、困り果てていた。

 放送終了後、SNS上には、「子どもたちの夢を応援する大人がたくさん出てきてすてきなドラマ」「綾野剛さんの一生懸命でちょっと不器用、でも相手の心を動かすっていう絶妙な演技がすご過ぎる」「スポーツ選手の放出ペースがすごい! 惜しみなく出ていらっしゃる」といった感想が集まった。

 また、物語のラストで、塔子がマネージメントを担当しているマラソン選手の秀島修平(田中樹)が登場すると、「突然の登場でびっくりした。次回が楽しみ」「マラソン選手役がぴったり」などのコメントも寄せられた。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定