狙いは何だ… 考古学者が選んだ次の職場 「それやめてもらえますか?」4コママンガ

0

2022年07月04日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真小山コータローさんの漫画「考古学者の転職」
小山コータローさんの漫画「考古学者の転職」

シャレが止まらないね……。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。

【4コママンガ】狙いは何…考古学者が選んだ次の職場 「それやめてもらえますか?」

「考古学者の転職」
バイト面接に来た「白井さん」。
前職は、考古学者。
会話の端々にちりばめられた前職の名残が――。

なんのためのお辞儀か気付いた
たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。「バイトの思い出」について聞きました。

     ◇
《バイトの思い出といえば、僕が高校を卒業して上京したばかりの頃、スーパーのレジ打ちのバイトをしていました。

当時の僕は、まだこの世に生を受けてから18年という浅い魂だったので、キャベツとレタスを瞬時に見分ける事ができませんでした。持ち前の鋭い勘で「これはきっとレタスだ!」「この雰囲気はキャベツだ!」と、思い思いにレジを通していました。そんな日々と、お客様のありがたい叱責のおかげで今ではキャベツとレタスの違いがハッキリとわかる男になりました。

感謝してもしきれません。

そのスーパーの副店長は、当時おそらく50歳くらいのおじさんで、凄く明るい方でした。口をひらけば冗談を言うようなニコニコムードメーカーでしたが、膝が悪く、それ以外の時間は苦痛に顔を歪めており、仕事と顔が忙しい人でした。

そんな副店長に言われた言葉は今でも心に残っています。

「小山さーん!この日シフト入ってもらえませんかねー?」

「あ、大丈夫です」

「ひぇーありがたやー!(手を合わせて僕に頭を下げながら)ワハハハハ!明治神宮じゃないんだから!」

そう、たしかに僕は明治神宮じゃありません。明治神宮だったらきっとキャベツとレタスの違いくらいわかるでしょう。

でも、僕はハッとしました。

「このお辞儀は感謝のお辞儀じゃない……明治神宮じゃないんだからを言いたいが為のお辞儀だ!」

そう思うと、なんて失礼な奴だと思いました。膝が痛いのも天罰だと思います。》

   ◇
 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。

    オススメゲーム

    ニュース設定