藤崎マーケット、ベンチャー企業3ヶ月応援で“ラララライ体操”解禁へ「100発までならやりましょう!」

0

2022年07月04日 21:35  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真秘策を明かした藤崎マーケット (C)ORICON NewS inc.
秘策を明かした藤崎マーケット (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビの藤崎マーケットが4日、大阪・なんばグランド花月地下の「YES THEATER」で行われた『ビジネスマン芸人グランプリ』に登場。地元のベンチャー企業と芸人を引き合わせ、実際に3ヶ月活動するというイベントで、マッチング企業への貢献のため、藤崎マーケットは「ラララライ体操を100発までならやりましょう!」と秘策を明かした。

【写真】吉本芸人が大集合!『ビジネスマン芸人グランプリ』の模様

 イベントには、大阪を拠点とする若手経営者の会「秀吉会」に参加するベンチャー企業10社の代表が登場。それぞれが自社のプレゼンや質疑応答を行い、これを聞いた芸人たちがドラフト形式で“逆アプローチ”して、多彩な10通りのマッチングが決まった。

 藤崎マーケットは、新卒ダイレクトリクルーティングのサービスを提案する株式会社i-plug(アイプラグ、中野智哉代表)とマッチングが実現。トキは「就職にもっとも強いので、やめかけの芸人にかたっぱしから声をかけたい」と業績貢献をアピール。さらに知名度アップのため「ラララライ体操を100発までやりましょう!」とも言い、これには相方の田崎佑一も驚くばかり。中野社長は「社名を“ライプラグ”に変えます」と大喜びだった。

 このほか、よしもと芸人からは、女と男、ガクテンソク、ギャロップ、元チョップリンのコヴァンサン&きょうくん、span!、スマイル、タナからイケダ、ミサイルマン、モンスターエンジン(五十音順)が登場した。

 モンスターエンジンは、中小企業向けの採用オンラインツールを運営する株式会社ネットオン(木嶋諭代表)の考えに共感。東大阪の町工場に育った西森洋一は「使命みたいな感じ」と言い、「会議をとにかくしたい。アイデアがいっぱいあるけれど発揮するところがないので」と張り切っていた。司会は浅越ゴエが務めた。

 3ヶ月後のゴールでは、それぞれのマッチングの結果とランキングが発表される。
    ニュース設定