ENHYPEN、新曲ポイントダンスはマイクチェック!?「さらにパワフルになった刀群舞に注目して」

0

2022年07月04日 22:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『MANIFESTO : DAY 1』メディアショーケースを行ったENHYPEN(C)(P)&(C)BELIFT LAB Inc.
『MANIFESTO : DAY 1』メディアショーケースを行ったENHYPEN(C)(P)&(C)BELIFT LAB Inc.
 7人組ボーイズグループ・ENHYPENが4日、韓国では半年ぶりとなる3rdミニアルバム『MANIFESTO : DAY 1』(日本発売日は20日)をリリースし、全世界のメディアに向けたショーケースをオンラインおよびオフラインで開催した。

【パフォーマンス写真】白黒衣装でクールにポーズを決めたENHYPEN

 ENHYPENはデビュー後から続けてきた「BORDER」、「DIMENSION」シリーズを通じて、複雑な感情と向き合いながらも新しい世界とつながり、自分たちの使命と役割を少しずつ悟っていく少年たちを表現してきた。

 今作についてJUNGWONは「大人たちが定義した成功に疑問を抱くようになった少年たちは、これ以上他人の言いなりになるのではなく、自ら考えながら正しい答えを探すと決心する話が込められています。世界に振り回されることなく、自分の意志で生きていくという覚悟をさまざまなジャンルの曲で表現してみました」と解説した。

 タイトル曲「Future Perfect (Pass the MIC)」は、K-POPシーンでは珍しいシカゴドリルジャンルの楽曲。SUNGHOONは「本人たちの使命と役割を悟った7人の少年が同世代に『先に前を歩くから、一緒に進もう』と宣言する曲です。「Pass the MIC」という題名のように、同世代の仲間にマイクを受け渡し、僕たちの未来のためのトーチに点火するという強烈なメッセージが込められています」と説明した。

 JAYは「英雄的な心理が投影された曲でもあります。映画の主人公たちは普通、苦難と試練の中で自ら英雄になる資格を証明しながら成長していきますが、僕たちも実力で愛される資格があることを証明し、さらに、“自分が持っている力を自分のためではなく、他人のために使う”という意志を込めた曲です」と語った。

 NI-KIは同曲のパフォーマンス面について「本当の自分を探していく過程をダイナミックながらも自由に表現しました。さらにパワフルになったENHYPENの刀群舞パフォーマンスに注目してください」とアピール。

 SUNOOは「実際にマイクテストをするように、マイクを叩いたり口に当ててみる“マイクチェックダンス”、僕らの新しい未来を描いていこうという意思を込めてマイクを持ち上げる“マイクアップダンス”、グルーブ感のあるリズムに乗りながらマイクを握る手の位置を変え続ける“Pass the MICダンス”などがあります」とポイントを伝えた。

 「Future Perfect (Pass the MIC)」のパフォーマンスも初公開。JAKEは「タイトル曲を初めて披露するステージなので緊張しましたが、むしろこのような緊張感のおかげで一生懸命できました。“最初で最後のステージ”と思い、全てのエネルギーを使いましたが、僕たちのエネルギッシュな姿をお見せできたと思います」と自信をにじませていた。

 ENHYPENは昨年10月に発売した1stスタジオアルバム『DIMENSION : DILLEMMA』がミリオンセラーを、今年1月に発売した1stスタジオ・リパッケージアルバム『DIMENSION : ANSWER』ではハーフミリオンを韓国で達成した。HEESEUNGは「プレッシャーというより僕たちを応援してくれる皆さんのおかげでよりいいパフォーマンスをお見せできると思います。これからもよい音楽とパフォーマンスをお見せします」と宣言した。

 きょう4日午後6時には、タイトル曲「Future Perfect(Pass the MIC)」のミュージックビデオが全世界同時公開された。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定