吉田拓郎“最後のアルバム”『ah-面白かった』が2位 42年8ヵ月ぶりのTOP3入り【オリコンランキング】

36

2022年07月05日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真吉田拓郎『ah-面白かった』(エイベックス・トラックス/2022年6月29日発売)
吉田拓郎『ah-面白かった』(エイベックス・トラックス/2022年6月29日発売)
 吉田拓郎の最新アルバム『ah-面白かった』が、初週4.6万枚を売り上げ、7月5日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で初登場2位にランクインした。

【9年前】小田和正が「カリスマと呼ばれるシンガーがいました」と紹介した吉田拓郎

 吉田拓郎の「アルバム」TOP3入りは、1979/10/29付で3位にランクインしたLP『TAKURO TOUR 1979』【※】以来、42年8ヵ月ぶりとなった。

 本作は、年内で52年に及ぶアーティスト活動を終了する吉田のラストアルバム。KinKi Kidsの堂本剛が編曲とギター演奏で参加した「ひとりgo to」や、小田和正がボーカル参加した「雪さよなら」など全9曲を収録。アルバムタイトルの題字をKinKi Kidsの堂本光一が書いている。

【※】「週間アルバム(LP)ランキング」は、「1970/1/5付」よりスタート

<クレジット:オリコン調べ(2022/7/11付:集計期間:2022年6月27日〜7月3日)>

このニュースに関するつぶやき

  • 矢沢に達郎に小田に拓郎と国宝オヤジ達が尽くCD売れてる
    • イイネ!9
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(17件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定