ヘラヘラ三銃士・さおりん、AKB48の握手会に通った過去 共演にしみじみ「スゴい状況」

0

2022年07月05日 12:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ABEMA恋愛番組「シャッフルアイランド」シーズン2の取材会に参加したヘラヘラ三銃士のさおりん (C)ORICON NewS inc.
ABEMA恋愛番組「シャッフルアイランド」シーズン2の取材会に参加したヘラヘラ三銃士のさおりん (C)ORICON NewS inc.
お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政、元AKB48でタレントの峯岸みなみ、YouTuberのヘラヘラ三銃士・さおりんが、このほど行われたABEMA『シャッフルアイランドSeason2』(7月5日、後10:00スタート)の取材会に参加した。

 ゴージャスな番組だけに、自身の“ぜいたく”な瞬間を明かすことに。さおりんは「まさに今。YouTuberで、ほぼ一般人。みぃちゃんとか高校生の時から見ていた。こうやって共演していることがスゴい。高校の時は握手会も行ってたんです! 私を知ってる高校の時の友だちからしたら、スゴい状況だと思う」と感慨深げ。ただ、推しについて問われると「いろんな人行ってたんですけど、ともちん…。ギャルだったんで板野友美さんに行ってました…」と正直に告白し、横にいた峯岸は暗い顔になり「うれしいです」と一言。2人は爆笑だった。

【写真】美脚がちらりと見える峯岸みなみ

 そんなさおりんの話を聞いた屋敷は「峯岸さんもレジェンドになったんですね」としみじみ。峯岸は「ADさんに言われるようになって年齢を感じましたね」と実感を語っていた。

 また、さおりんは、ありしゃんから「適当な感じもそれはそれでいいんじゃない。そのままで」とありしゃんからの助言があったそう。一方、屋敷については「何も言われてない」とぶっちゃけ。屋敷は「それは、それでやなぁ…」とボヤいていた。

 男女それぞれが南国の2つの島に集まった状態でスタートし、「1日に1回は必ず、もう1つの島からメンバーを指名し入れ替わらなければならない」というルールのもと、毎日男女が島を入れ替わりながら恋人を探していく。Season2では、グアムを舞台に、オトナな男女が繰り広げる7泊8日のラブバカンスに密着。運命の相手を探すため、恋の島“シャッフルアイランド”に集まった美男美女が、2つの島の間で生まれる「出会い、別れ、恋の駆け引き、すれ違い、運命の再会」などの過酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらも、“真実の愛”を手にすることができるかを追いかける。

 シーズン1から引き続き、MCを務める屋敷は「家から仕事場まで来る時に、心から楽しみな仕事はこれだけ。あとの番組とかはプレッシャーや不安が何%かあるんですけど、『シャッフルアイランド』は100%楽しみだけで来られる。早くもシーズン3があってほしい」とにっこり。

 恋愛番組のMCを務めるのは今回が初という峯岸は「屋敷さんがシーズン2が決まって小躍りしたって聞いて『そんなに?』って思ったんですけど、初回の収録が終わって、その気持ちがわかりました。人の恋愛を無責任に楽しく口を出すだけ。AKB48の現役中は、現役中は、どういうスタンスで恋愛をしゃべればいいかわからなかったけど、卒業後、こういうお仕事をいただけて心から楽しみながら素直な気持ちを話しているだけ。早く次回の収録が来ないかな」とご満悦。さおりんも同番組で単独レギュラー番組初出演となり「こういうお仕事を1人でするのは初めて。シーズン1で、リーダーのありしゃんが出ていた。見ていたら、しっかりコメントしていてスゴいなって思った。私は決まったことが言えないタイプなので、見てありのままで、プライベートで見ている感覚で」と意気込んだ。
    ニュース設定