高須克弥氏、軽度の認知症を自覚「自分でもわかってきました」 “外側”は問題なしも

2

2022年07月05日 17:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真軽度の認知症を自覚していると明かした高須克弥 (C)ORICON NewS inc.
軽度の認知症を自覚していると明かした高須克弥 (C)ORICON NewS inc.
 高須クリニックの高須克弥院長(77)が、輝く60代以上の著名人を表彰する『第8回プラチナエイジ』の「ベストプラチナエイジスト特別賞」に選出され5日、都内で行われた授賞式に出席した。

【全身ショット】美容部門を受賞!ゴージャスな黒いドレスで登場したIKKO

 壇上でのスピーチで高須氏は「プラチナエイジ賞って聞いたもんですから何かの間違いじゃないかと。僕、プラチナなんてエエもんちゃいます」と笑う。「言ってみれば貴金属ではなく、腐った鉄です。鉄っていうのは必ず腐って土に帰っちゃうんですけど、しっかり磨いて研いでいると鎌倉時代の鉄でもプラチナみたいに光ります」と自身を表現する。

 そして「中にオッサンが入っているんですけど実は整形で全部ごまかしている。全部、上だけ。ボディも人工の筋肉で、ほとんど本物がない。気を張ってる瞬間だけ、なんとなく元気よくなって…」と高須氏らしく自身について語る。そして年齢をド忘れたしたそうで「見かけだけは若いふりをしてられる。ただハードは若く作っても、ソフトは壊れていきます。だんだんと年を取っていきますと認知症が少しずつ入ってくるようになっていると自分でもわかってきました」と軽度の認知症を自覚しているそう。

 「最後は自分が何かわからなくなって、いつの間にやら天国か極楽かに行っちゃうのが最高」とする。そんな話をしているうちに持ち時間の3分が経過。「詳しいことを聞きたかったら、診察料を払って高須クリニックまで。いくらでも話ますので(笑)」と笑わせると「なんでもいただけるなら年寄りは喜んでもらいに来ますんで」と受賞を喜んでいた。

 同賞は、夢を持って活動する、プラチナエイジ(60歳以上の世代)の夢や目標となるにふさわしい人々を表彰。そのほか、「ベストプラチナエイジスト」男性部門に升毅(66)、「ベストプラチナエイジスト」女性部門に藤あや子(61)、美容・アンチエイジングにIKKO(60)が選出された。

このニュースに関するつぶやき

  • 流石です������ʬ�ʲ����
    • イイネ!6
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定