山里亮太、まだまだ“たりない”? 若林正恭&水卜麻美『午前0時の森』出演で“魂の叫び”「かかっちゃった」

0

2022年07月07日 01:49  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真(左から)山里亮太、若林正恭 (C)ORICON NewS inc.
(左から)山里亮太、若林正恭 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、6日深夜放送のTBSラジオ『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』(毎週水曜 深1:00)に出演。5日放送の日本テレビ系バラエティー『午前0時の森』(後11:59)に登場し、同番組MCであるオードリー・若林正恭、水卜麻美アナウンサーと共演した際のことを振り返った。

【写真】山里亮太、若林正恭&水卜麻美『午前0時の森』に来襲

 山里は、若林とともに12年におよぶコンビ活動を終了=解散した『たりないふたり』として活動。この日のオープニングで、山里は「いやーかかっちゃったよ。久しぶりにさ、オードリーの若ちゃんとやったら、かかっちゃって、結果大失敗」と率直な思いを吐露した。

 若林と水卜アナについて「これがいいかけあいなのよ。お互いがお互いを信頼しているから、いい感じでエピソードの振り合いになっていて。ものすごくキレイに回っているのよ。オープニングトークで遊んだあとに、企画として面白いことをやっていて。それを見て、オレがどういう感情になるかといったら、やってられないじゃない?」と熱弁。「水卜ちゃんが、超能力者というのは知っている。だけど、若ちゃんとフリー(で話す)という状況で跳ねたらダメよ。そこは12年間やってきたわけだから。余白を残さないとダメなのに、2人の世界で、ビッシビシでやったら、ダメだよ。みんなも思わないかい?」とリスナーに呼びかけた。

 山里の叫びは止まらず「(水卜アナに)最終的に言ったのはさ『水卜ちゃん、漫才できるのかい?』って(笑)。そうしたら、若ちゃんがCM入ってすぐ、オレに『恥ずかしいよ』って言って。若ちゃんに嫌われちゃった」と笑いを交えながらトーク。その後も、出演時に抱えていた心境を語っていった。

 『午前0時の森』冒頭、若林が「直前まで隠しておくようなレジェンドじゃないでしょう(笑)。本人も乱入するタイプじゃないから」と笑いながらトーク。水卜アナがうっかり名前を出してしまうなど、乱入する体が少しずつ崩されていった山里は「おいおいおい!」と慣れない声色で“乱入”を果たした。その後“かかっている”山里と、若林、水卜アナの見事なトークが光る内容となった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
    ニュース設定