息子が小学生になって初めて妻が6日間のロケ、朝の準備から宿題まで一人で向き合って気づけたこと 鈴木おさむ

0

2022年07月07日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真放送作家の鈴木おさむさん
放送作家の鈴木おさむさん
 放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、小学生になった息子の子育てについて。


 *  *  *


 妻が水曜日から月曜日までの泊まりの長期ロケに行きました。正確には、土曜日だけ歌番組でダンスをするために、一日だけ戻って来たのですが、またロケに戻り。実質6日間、仕事に行ってしまう状態に。


 僕は妻は出来る限り芸人としての仕事をするべきだと思っています。だから、このような長期ロケがあると、自分もなるべく仕事の調整をして向き合います。


 が、今回は今までとちょっと違うのが、息子・笑福が小学生になってから初めてのロケになります。去年までは保育園だったので、妻のロケが長めで僕が向き合うにも、行く時間も、迎えに行く時間も調整つけやすかったのですが、小学校なのでそうもいきません。


 少なくとも行く時間は決まっています。


 妻がロケに行き、朝、笑福が小学校に行くための準備をします。水筒を洗って水を入れ、給食で使うものなど、もろもろの準備。今日の健康状態をカードに書き込んだり。


 朝、息子を起こす。なかなか起きてくれないので、うちはテレビでYouTubeをつけて、息子の脳を動かすようにしてます。


 そして着替えも時間がかかるので、僕がやってしまうことが多い。


 朝の15分は昼間の1時間。数分が勝負になる。笑福を送り出して、今度は自分の仕事の時間。原稿を書き、そして10時くらいからリモート会議を昼まで。そのあと、また原稿書いて、そのあと会議して。夕方くらいに学童に迎えに行き、夕食の準備。


 が、保育園と一番違うこと。それは宿題。1年生の1学期。笑福は「あいうえお」の平仮名と足し算・引き算を習っています。笑福は保育園の時に、塾などにも行ってないため、平仮名の読み書きはほぼ出来ない状態で小学生になりました。


 宿題のメインは、毎日、平仮名一文字ずつを習うこと。例えば、今日は「い」だったら、宿題は「い」を何度も書く。



 笑福は覚えるスピードが遅いようで、覚えるのになかなか苦労しています。一緒に平仮名の宿題を見ていて思ったのが、今は書けるのが当たり前になってるけど、平仮名ってなかなか難しいような、ということ。例えば「み」とか「む」とか、真ん中に「○」が入ってるようなものとか、難易度高いんだなと気づかされます。


 それでも繰り返しやっていくことで覚えていくのですが、宿題をやる時に、横に座って、なるべく楽しい空気で説明とか解説とか、誉めながらやることが大事だと思って、一緒にやっているとまあまあ時間がかかります。


 保育園の時だったら帰ってきて、ご飯の時間まで笑福は1人で遊んでもらって、僕は仕事を出来たりしたのですが、宿題があると結構その時間を削られていく。


 ある日、笑福を学童にお迎えに行き、家に帰ってきて宿題をやり終わり、僕は自分の仕事に取り掛かろうとしたときでした。笑福が一つ、宿題プリントを隠していたことに気づきました。自分が苦手意識のあるもの。一緒にやるのにまあまあ時間がかかるもの。


 それを見つけた時に「おーーーーー!」と焦りました。僕も書かなきゃいけない台本があって、締め切りを過ぎてしまっている。なるはやでそれを書きたいのだが、宿題がある。


 笑福の横に座り、そのプリントを教え始めたのですが、自分が焦っていたこともあって、笑福につい強い口調になってしまった。その僕の雰囲気に、笑福はテンションが下がる。


 なんとか宿題は終わっても、僕がいら立ちを出してしまったため、笑福はテンションが上がらないので、なんとか一緒に遊んで笑福の笑顔を取り戻す。


 そして自分の仕事にGO。


 と…こんな日々を数日繰り返し。本当に思うんです。妻よ、お母さんよ、ありがとう。


 僕が今、普通に文字を書けたり計算出来たりするけど、そこには、きっと自分の親の努力もあったんだろうなと。


 そういうことに気づけるのも、子育てのおもしろくありがたいところですね。


鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中。漫画原作も多数で、ラブホラー漫画「お化けと風鈴」は、毎週金曜更新で自身のインスタグラムで公開、またLINE漫画でも連載中。「インフル怨サー。 〜顔を焼かれた私が復讐を誓った日〜」は各種主要電子書店で販売中。コミック「ティラノ部長」(マガジンマウス)、長編小説『僕の種がない』(幻冬舎)が発売中。



【おすすめ記事】パンツ丸見えの「ただいま事件」“浪速のジョー”辰吉丈一郎の妻はスゴイ!?


    ニュース設定