「2023年F1は史上最多24戦開催の予定」とF1 CEOが発言。カレンダーは10月に発表へ

22

2022年08月08日 10:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

2023年に開催されるF1ラスベガスGPのイメージ
F1のCEOステファノ・ドメニカリは、2023年のF1カレンダーは24戦で構成されることになると示唆した。実現すれば、史上最多の開催数になる。

 2019年には21戦、2021年には22戦になり、2022年にはロシアGPがロシアのウクライナ侵攻により中止となり、23戦の予定が22戦となった。すでに過密スケジュールを問題視するチーム関係者もいるが、F1は開催数をさらに増やすことを目指している。

 ドメニカリは、8月5日に行われたリバティ・メディアの投資家向け記者会見において、2023年F1カレンダーは10月上旬に明らかにする予定であり、開催数は23戦になる見通しだと示唆した。

「(F1を開催したいという)要望が極めて大きくなっている。ただ、詳細を詰めている段階なので、これ以上のことを言うことはできない。(2023年には)間違いなく今年より2戦ほど多くなるが、25戦よりは少なくなると考えている」

 ドメニカリは、「3月から11月に世界中で行うカレンダーへの要望を考慮し、世界各国を移動する上での効率という点で、正しい流れを維持したい」とも述べた。つまり、移動距離をできるだけ減らし、効率的なカレンダーにすることで、チームへの負荷を抑え、F1が掲げるネットゼロにおける目標も達成したいという考えだ。

 レース数の増加にもかかわらず、伝統的なグランプリであるモナコ、ベルギー、フランスの将来は危ぶまれている。一方で、アメリカや中東での開催は増えつつあり、2023年にはアメリカでの3つ目のグランプリ、ラスベガスGPが行われることが発表されている。

このニュースに関するつぶやき

  • ドライバーやメカニックなどスタッフの負担、物流面などを考えるとかなり厳しい気がするし、開催数が増えればグランプリの商品価値が下がる気がする。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定