高城れにの“実体験”をドラマ化 ももクロ全員本人役で『ほん怖』初出演

35

2022年08月11日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』に出演するももいろクローバーZ・高城れに (C)フジテレビ
『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』に出演するももいろクローバーZ・高城れに (C)フジテレビ
 フジテレビは20日午後9時から、土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』を放送する。ドラマパート第4弾「憑けてくる」で、アイドルグループ・ももいろクローバーZの高城れにが初主演を務めることが11日、発表された。

【写真】“本人役”として出演するももクロ・高城れに

 高城が実際に体験した心霊現象をドラマ化し、自身も本人役でテレビ初公開の恐怖エピソードを演じる。さらに、“ももクロ”メンバーの百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏の3人も本人役で初登場する。

 同グループのメンバーとして活動する高城。スタッフやファンに支えられながら充実した日々を送る中で“ある悩み”を抱えていた。実は昔から人より霊感が強く、グループのツアーで全国各地のホテルに泊まっているときなどに、金縛りや怪奇現象に襲われていたのだ。

 そんなある日、高城はメンバーに連日の金縛りや不思議な心霊体験について相談することに。しかし百田らからは「(金縛りなんてよく)あるある」「疲れがたまってるだけ」と相手にされず。そのとき、メンバーらがいた部屋の壁掛け時計の針がありえない勢いで動き始め、急な怪奇現象に一同絶句。時計の針が止まった時間は、前夜に高城が恐怖を体験した時間と同時刻だった。

 日々そんな恐怖体験を重ねる高城だが、金縛り以外にもさらに気になることが頻繁に起こっていた。取材やコンサート終わりなど、何をしているときも何者かの視線を感じ、何者かが“憑けてくる”気配を感じ続けていた。

■高城れにコメント(ももいろクローバーZ)
――出演が決まった際の感想。
「『ほん怖』は昔から夏になると、ずっと見ていた番組。放送中は楽しく見ているのですが寝る前になると怖くなっちゃって、見たことを後悔していました(笑)。そんななじみのある番組に自分が出演できるのはうれしかったですし、私自身の実体験をもとにドラマを作っていただいたので演じがいがありました。でも実際にあったことなので、演じるというよりも“昔こういうことあったな”という懐かしさもあって…。しかもテレビではまだ言ったことのなかったエピソードなので、これを機に私の新たな一面を知っていただけたらうれしいです!」

――最近体験した不思議な出来事は?
「本当につい最近あったことなんですけど…あるお食事会で枝豆を食べようと思ったんですね。でもお皿から枝豆を何個取っても、中に豆が入っていなかったんです。よくよく見たら、他の人が食べ終えたカラの皿から取っていたんです…!そのときは自分が怖かったです…(笑)」

――自身にとっての“夏の風物詩”は?
「やっぱりお祭りですね。でも最近は祭り自体が中止になることも多いので、最近では家族みんなで家の中でお祭りっぽいBGMを流しながら焼きとうもろこしやたこ焼きなどをパックに詰めて、家の中で縁日気分を味わっています。でも今年は外でバーベキューもできたらいいなって思っています」

――視聴者へメッセージ。
「私が出演させていただく『憑けてくる』は私自身が実際に体験したというのが見どころです。こんなことを体験したんだという発見もあったり、視聴者の皆さんの中でも同じような体験をした方もいたりするかもしれません。そして、ももクロメンバーも全員で出演しているので、普段騒がしくて楽しい私たちが今回は一味違った表情もぜひ楽しんでいただきたいです!」

このニュースに関するつぶやき

  • 今度の「ほん怖」はももクロは出るわ山下美月ちゃんは出るわで必見だな。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(19件)

ニュース設定