岡田結実、ゴールデンタイムドラマで初主演 漫画『最果てから、徒歩5分』実写化決定

0

2022年08月13日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真10月スタート・土曜ドラマ9『最果てから、徒歩5分』で主演を務める岡田結実(C)糸井のぞ/新潮社・「最果てから、徒歩 5 分」製作委員会2022
10月スタート・土曜ドラマ9『最果てから、徒歩5分』で主演を務める岡田結実(C)糸井のぞ/新潮社・「最果てから、徒歩 5 分」製作委員会2022
 俳優の岡田結実が、10月スタートのBSテレビ東京・土曜ドラマ9『最果てから、徒歩5分』(毎週土曜 後9:00〜9:54)で、主演を務めることが決定した。岡田はゴールデンタイムのドラマは初主演となる。

【写真】「オーベルジュ・ギルダ」の仲間を演じる柳俊太郎、竹財輝之助、内山理名

 原作は糸井のぞ氏の同名漫画。ある事情で生きることも死ぬこともできなくなり、自殺の名所から徒歩5分の宿泊設備を備えたレストランのオーベルジュ・ギルダを訪れた“すもも”は、店主の夕雨子、店員の息吹、シェフの膳と共に店で働くことになる。崖っぷちのオーベルジュで紡がれる悲劇と喜劇のロマネスクになっている。

 主人公のすももを演じる岡田は「『最果てから、徒歩5分』という作品に携われることが純粋にとてもうれしいです」とオファーを受けたときの喜びを振り返り「私自身、最近、ニュースや出来事で生と死を考えることが多く、自分が生きたいとか死にたいとかそういうわけではないのですが、日常で考える中で、生きろ生きろ、と言われれば言われるほど生きづらいなと思うようになってきていて、そう考えてるときにこの作品に出会い、そっと自分の背中に手を置いて、生きることも死ぬことも委ねてくれる、こんなに心地いい作品があるのかと思うと胸が温かくなりました」と台本を読んだ感動を伝えた。

 自身の役については「すももちゃんは、まだまだ青い部分もあって、だからこそ人のために動くことが出来るとても素直で正直な女の子だなと思いました。演じる前から、すももちゃんを救って救われる未来が見えていてとても楽しみです」と紹介し「皆様の未来にそっと手を置いて、明日だけでも生きてみたいな、と思えるよう努めます!」と力を込めた。

 オーベルジュの従業員・是枝息吹役は柳俊太郎、シェフ・大森膳役は竹財輝之助、店主・白石夕雨子役は内山理名が演じる。
    ニュース設定