松本若菜“幽霊刑事”が相棒に 田中圭主演「死神さん2」

0

2022年08月16日 12:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真Huluオリジナル「死神さん2」(C)HJ ホールディングス
Huluオリジナル「死神さん2」(C)HJ ホールディングス
田中圭主演Huluオリジナル「死神さん2」に松本若菜が相棒役として出演することが分かった。

本作は、田中さん演じる孤高のクセモノ刑事・儀藤堅忍が、毎話、異なる相棒と冤罪事件の捜査に挑む、1話完結型の刑事ドラマ。松本さんが演じるのは、第4話の儀藤の相棒・宇佐美一恵。

かつては第一線で活躍していたものの、捜査方針に逆らったことがきっかけで窓際に追いやられた幽霊刑事の宇佐美は、婚活に勤しんでおり、警察を辞めることを決意。しかし、儀藤から相棒に任命され、過去に担当していた資産家殺害事件の再捜査をすることに。

前作を観ていたという松本さんは「田中圭さんの、人間の奥底に眠っている何かを呼び起こすような独特な目の演技を間近に見て『あ、本物の儀藤さんだ』と思わず感動しました」と撮影をふり返り、「宇佐美は、仕事と恋愛に悩む等身大の女性です。とある事件がきっかけで会計課に異動し、かつての情熱を失って、亡霊のような生き方をしています」と役柄を説明。

続けて、「儀藤の相棒として冤罪事件の再捜査をするにつれて、捜査にかける情熱が少しずつ燃え上がっていく姿にぜひ注目してほしいです」コメントしている。

【「死神さん2」第4話あらすじ】
厳しい防犯対策がなされた豪邸で、女主人がブロンズ像で殴打され、殺害された。捜査三課所属の宇佐美一恵(松本若菜)は、容疑者として捕まった窃盗常習犯・座間伸介(今野浩喜)の犯行ではないと確信し、独自の捜査で無罪に導く証拠を発見するが、その代償として警視庁内での居場所を失う。

しかし「辞職するのは再捜査が終わってから」と相棒を続けるよう示唆する儀藤(田中圭)と行動を共にすることに。事件関係者への聞き込みの中で、宇佐美を慕う窃盗常習犯・座間は、伝説の泥棒・ゴーストの話を始め…。

Huluオリジナル「死神さん2」は9月17日(土)よりHuluにて独占配信開始(全6話)。※以降毎週1話配信




(cinemacafe.net)
    ニュース設定